2012/8/5

東京は暑い日々が続きます。

 

そんな中、この2日間は野外イベントでマーケットに出ていました。

この時期、野外は恐怖ですが新しいお客様や作家さんとの出会いが

楽しいです。

 

日本には5代弁才天という枠組みの、代表的な弁才天が5人いるのですが

5人とも会いに行きました。今日はその話を少し。。。

 

弁才天といえば、芸術の神様として名高い女性神ですが

世の男性は皆自分を見てると思っているかなりの女王様な

弁才天なので、カップルでは行く事はあまり行かない方がいいみたいです。

 

まず、東京に近いのは「江ノ島の弁才天」。

彼女に会いに行ったのは、2006年でした。普通の人なら3分くらいで

見終わる小さなお堂の中にいるのですが、あまりにいいエネルギーで

時間の感覚がなくなり、お堂の中に3時間くらいボーっと立って眺めていました。

そしたら、怪しがられて警備員が来てしまいました。(笑)

集中すると、時間がわからなくなるんです。

 

次に行ったのは、2009年頃。

奈良の天川村の「天川神社」。ここはね、不思議な場所です。

招かれないと、行こうとしても行けない神社と言われていますが

よっぽど、行こうと思わない限りかなり遠いから行かないと思います。

私は、天川神社も好きですが、、、歩いていたら森をさまよって

しまったのですが7時間くらいかなー迷ったんですね。

たまに、森の中で迷う事があるのですがいつも、

大声で森の熊さんを歌ってしまいます。

えっとそしたらですね、、、小さな赤い鳥居が突然現れてその付近に生えている

木が、物凄い強烈なエネルギーを発していて、そこが何だったのか

わかりませんが、わかる人はわかると思います。(なんだそれ?)

 

次に行ったのは同じ、2010年頃。

琵琶湖の中に竹生島って無人島がある中に、「宝厳寺」があり

船で行くのですが、、、

小さな島なので、一般的には1時間もあれば十分見て回れるのですが

またもや、エネルギーが高すぎて時間の感覚がわからなくなり。

気がついたら始発の船で行ったのに、最終の船に乗り遅れそうになりました。

6,7時間くらいいたのでしょうか。。。

無人島なので帰らないと大変な事になるのですが、

女が1人消えたと、島中大騒ぎになり捜索をされてご迷惑をおかけしました。

台湾の方に間違えられて日本語が通じないと思ったみたいで、

めっちゃ優しいご対応を受けました。 

なので、そのまま日本語がわからなかったフリをしてしまいました。

どこに行っても、何かしら迷惑をかけている気がします。。。(^^;;;

あのね、島の中にウジャウジャと大きな蛇が沢山いるんです。

野獣の世界ですね。文化的にもかなりお勧めの島で、国の重要文化財も

沢山ありました。すごいお勧めですよ、この島は。

だけど、時間と蛇にだけは注意してくださいね。

 

 

同じ年の2010年、広島の厳島神社の弁才天に会いに行きました。

あのね、ここの神社は本当に美しいです。

朝早く引き潮のときに行くと、海の中に浮かぶ赤い鳥居のところまで

歩いて行けるのです。そして、必ず山を登ってくださいね。

空海もこの山で邪気を祓いにきたくらい、かなり浄化する山なのと

山の裏側に一般の人があまり立ち寄らないところに、弁才天がいるのです。

めちゃくちゃパワーが強いので、多分、感受性が強い方が行くと

強いエネルギーを感じますよ。

 

またまた、同じ年の2010年10月に5大弁才天の5番目。

宮城県の金華山へ行ってきました。

旅に出ると不思議な事が色々あるのはいつもの事でしたが、

この時も不思議な事がたっぷりありました。

思い出深い場所です。ここでも山に登り、色々やらかしていましたが

省略をします、、、金華山はエネルギーが最も自分に合っていて

通いたい神社だったのですが、5ヶ月後に震災の震源地となった場所に

なってしまい、胸が痛いです。

震災直後も心配になり、女川に向かいましたがたどり着かず

仙台港から祈りを届けました。

昨日の事のように金華山での思い出を思い出します。

 

5大弁才天の旅話。

書いた後に気がつきましたが、全く参考にならないような内容でした。(^^;

気をとりなおして、また旅話を書きますね。