2012/11/25

公開していないイベント毎が連日続いていて、今週はほとんど

寝てなくて、今日も4時おきでイベントに出向いていました。

超現場主義なので、自分の目で確実に空気を見ていかないと

気がすまなくて、走りまわっているのです。

 

今日ですね、ためしに制作した新作がどんな反応をお客様が

起こすのか見たかったのですが、綺麗なゴスロリの子が

ご購入していき、何か「 よっし 」という手ごたえがあり

疲れも飛びました。

芸術の大会とか出場していた頃の審査員は、偉い先生方に見てもらって審査されて

賞を頂いたり、ありがたかったのですが

イベントごとの審査員は、見知らぬお客様たちで、

芝田をしらない人がほとんどのため、言いたい放題言われるんですね。

それが、かなり勉強になっていて、自分を向上させてくれています。

だから、超現場主義です。

 

今日も、見知らぬ方々との出会いやふれあいがあったのですが

自分のコンセプトは、小学生からご年配までの幅広い方々に

愛される花アクセサリーなんですね。

ありがたいことに、その通りでお客様の幅はかなり広いです。

だから、話をしていて面白いです。

 

今日は、新作で誰も反応しないかもな~と思っていた作品が

以外にゴスロリの女の子が、可愛い~とご購入頂いたのですが

なんかですね、どんな偉い審査員にほめられるよりも

なぜか、嬉しかったです。私の感性、10代に受け入れられた!

みたいな。。。笑

その作品はAMAI=HANAの作品なのですが、自分が目指しているのは

次世代に繋げたくて、おおしま紬とか知らなくても、いつの間にか

可愛いからってだけで身につけてくれている。

そんなシンプルな架け橋がしたくて、だからファッションに敏感な子が

おおしま紬だからという理由ではなく、ただ可愛いからという

シンプルな感情で大島紬を身につけてくれて、嬉しいんですよね。

伝統とか、文化はあとから知っていくから。

 

芝田を知らないランダムに出会うお客様って、芝田の作品だから

とか。頑張って創り上げた実績とか。芸術に対する思想とか。

全く通用しないんですね。

そんな事、どうでも良くて目の前のフラワーアクセサリーが

シンプルに可愛いか、可愛くないか。欲しいか欲しくないか。

それだけです。

だから、かなり勉強になるんです。

 

芸事の世界は、これが基本だと思っていて自分のファンとかが

感動してくれたり、購入してくれたりするのももちろん、

とてもありがたいのですが自分を全く知らない人がシンプルに

感動をしてくれるか、しないか。

そのスパルタ教育は、どんなプロになってもやめてはいけない

自分実験というか、、、

自分自身が自分の実績や名誉に甘えたら、そこで成長が止まると思うんです。

 

 

お正月はお休みしようと、先日ブログにも書いたのですが

31日~1月3日までミッチリ。お仕事が入り、クリスマス含め

今年は年末年始も仕事となりました。頑張っていこう。