2013/5/16

昔から「人脈」という言葉がかなり苦手です。

様々なジャンルの経営者とか、アーティストとか。。。

話す機会多いけど、「人脈採集」しすぎて目の前の事が見えてない人が多く感じる。

 

この数年はその「人脈採集」の感覚に反発するかのように、知り合いとか「人脈」というカテゴリーから離れて自分の腕だけでどこまで伸びるか。に、挑戦していた気がする。わざと、誰も知らない場所で自分を試していたというか、、、知り合いが増えた頃に、また違う新しい場所で自分を試していたというか。。。今も、新しい場所にも挑戦してるし。

 

「人脈採集」ではなく、経営者、アーティストともに中身の強化。そして、神様のように自分の都合の良い感じに動いてくれるイメージの「人脈。」ではなく。

持ちつもたれずの関係になれる「仲間」がよってくるのではないかなと。

 

人と話すとき、「GIVE」だけを言ってくる神様みたいな人。長年の経験で悲しくも信用に繋がらなかったり。会話の中で早く「TAKE」の方も伝えてくれーと思ったり。まあ、言わなくても分りやすい「TAKE」なら簡単にバランスとれるからいいけど。最初から「TAKE&GIVE」の話をしてくる人ほど、逆に信用できたりする。私の場合TAKE&GIVEな人がなんか話しが進むんです。笑。

 

いい中身を熟しながら、いい環境に身を置きながら、いい「仲間」が増えたら最高だね。

 

 

まずは、いい中身を熟すこと。それが、まず。頑張っていこう。