2013/11/21

あと、少しで1年前に宣言した個展を開催します。

なんかね、、、最近は最後の追い込みをかけていろいろと制作しています。

 

今日ね。10年前くらいかなぁ。。。もっとかなぁ。。。ある出来事の事を思い出してました。

自分に胸を張って言える実績も経験もない時に、ある超VIPなパーティーに招かれたのです。

 

そこには、芸能人の中でも超VIPな方々が勢ぞろいしたプライベートイベントだったのですね。

私も、ドレスアップして行きました。そのころも、やっぱり変わった衣装ばかりだったから

会場で目立ったんです。で、たくさんの方々から興味を抱いてもらって、話しかけられました。

 

「 キミ、何をやってる人なの? 」

 

「 フラワーデザイナーです。 」

 

そんな会話を、超知名度の高い人が集まる空間でしてました。

 

そんな中、あるお医者さんに「 なんで、キミみたいな子がここにいるの? 」

 

彼が何を言ったかというと、「 なんで、キミみたいな無名な人がこの中にいるの? 」

ということでした。

 

それまで、若い女でアーティストだし目立つから、チヤホヤされるのに正直なれていたけど

そのお医者さんの一言が自分の、いらないプライドを叩かれて、本当に必要な

アーティスト魂に火をつけてくれたのです。

 

すぐに会場を飛び出して、悔し涙で家に帰りました。

 

そして、自分がアーティストとして胸を張れるぐらいの実力、実績を積んでみせる。

そう心に固く誓い。ガムシャラに頑張りました。本当に頑張りました。

 

そして。。。日本一努力し続けているフラワーデザイナーになってきたな。という日々の積み重ねが10年超えてくると自然と自信に繋がってくるんです。

若い女性の特権である、美貌とかそういうのに頼らずに自分の腕をひたすら磨いてました。

気がついたら、年齢を重ねてしまったけど自分に自信を持てる生き方で結果的には、年を重ねる事ができて、なんか今。表現が適切な表現かわからないけど、アートが楽しいです。心からそう思えるのです。

 

今日。昔、私に痛い一言を言ってくれたお医者さんに、ありがたかったなーと

感謝しました。

 

今の自分だったら、そんな一言は言わせない自信が積み重なりました。笑。

 

すべてに感謝。ありがとう。

芝田じゅんが面白いのは、これからかな。