2014/3/11

3年前のこの日は、大事な知り合いと打ち合わせ。

地球について深くお話していて、自分の個展の直前だったから、色々と精神的に高ぶっていた。

 

自分のアトリエにもどった直後に、かなり大きく揺れて歩けないくらいの地震。

室内の物モノが倒れて、事務所のビルの壁の大理石も崩れていき、、、

関東大震災がついに来たんだと思った。

 

その日は打ち合わせの後、大事な友人だった人の公演があり。行く約束をしていたから、自分のアトリエの片付けよりも、友人の身が心配で自転車で走っていった。

 

あれから、3年かぁ。。。

 

直前に震源地にいたし。直後に震源地近くまで行った。

言葉に出来ない光景だったな。

 

あれから、3年か。。。

 

もう10年くらい経った気がする。

 

生きたくても生きれない人や、

生きたくなくて自ら死を選ぶ人や、、、

 

変わらずそんな世の中だけど、今の時代に最も必要なのは地球との共存なんじゃないかな。

地球を愛すれば地球から愛されるし。地球を痛めたら、地球から痛められる。

 

当たり前の事だけどさ。

 

震災で他界した人達は。犠牲者という言葉が一番、正しい気がする。

この時代の犠牲者だよね。

 

じゃあ、生存者は?

 

どんなふうに生きる?

 

この数年。沢山のお葬式に仕事で出ました。

大量の他界した人と会い最期を、花で見送り沢山の最期をみました。

 

棺の中で眠る人を見るたびに、どうやって生きる?を自問自答してました。