2015/1/2


正月は、都内で古くからの大親友達と連日会ってました。

みんなと遊んだ帰り道、六本木の檜町公園の誰もいないイルミネーションの中を通り、今、事務所に戻ってきて、なんとなくブログを書きたくなり、友人について書こうと思います。

 

親友の1人Mは、1998年くらいにアメリカで出会った人で同じ星座で同じ干支。

私は基本的に、自分が辛い時は人に頼らず、全てを乗り越えた後に、「こんなことがあったんだー」って報告するタイプなのだけど、初めて2014年の夏に、私が「 もう精神的に打撃が強すぎてもう駄目かもしれない。 」と、リアルタイムで頼った相手。そんな事を言い出したのは初めてだったから、彼女もびっくりしてすぐに私を河口湖にドライブに連れて行ってくれた。そのドライブのその日の内に、勢いで河口湖のアトリエを借りたんだよね。

クリスマス前に、「 クリスマスも正月も大嫌い。どうすごすか考えるだけでストレス。」って言ったら、クリスマスも正月も側にさりげなくいてくれる。彼女の友情愛は、ここに書き切れないくらい沢山のエピソードがあって、私に「 思いやり 」というものをいつも与えながら教えてくれてる、家族のようにものすごく大事な、本当に大事な友人。一生、側にいてくれないと私は生きていけないです。

 

もう1人の親友Kは、1995年くらいかな。エンターテイメントの仕事で知り合った仲間で性格が私とは眞逆なんだけど、私の事を私よりも理解してくれてる姉妹のような人。世界中が敵になったと感じた日に、まっすぐな目で私を見つめて側にずっといてくれた。クリスマスも正月も、誕生日も、、、私が1人で過ごしてると知ると、駆けつけてくれたり。彼女との絆も、あまりに沢山ありすぎて書き切れない。自分がもしも結婚するなら、彼女は家族の席に座らせるし、自分が先に他界しても、家族の席に座って欲しい。

そんな彼女ともさっき会ってて、今年の抱負をペラペラしゃべってたら「 じゅんならね、必ず出来るから。 」って断言してくれて、「 そう言ってくれると嬉しい。 」って言ったら、「 なんでかわかる?じゅんはね、絶対にアキラメナイからだよ。死ぬまでやるから、命だけは大事にするんだよ。 」って。ずっとずっと長く側で色々な私を見てきた、Kに言われると言葉が詰まって涙が出そうになった。彼女にも、一生側でいてもらわないと私は駄目です。

 

ほかにも、沢山の大親友がいるのだけど今日の朝はMに会い、午後はKに会い、深夜に1人でキラキラしたイルミネーションの公園を歩いたらなんとなく2人について言葉が書きたくなり綴りました。

 

独身で、恋人もいない、都会の中。見渡したら、もの凄く大事な人達がまわりにいてくれるの。

今ね凄く、幸せなんだ。家族にも、友人にももの凄く愛を感じて過ごしているよ。

 

愛してくれてる人達を、守れる人になりたい。

私もっともっと、頑張るからね。