2015/4/23

宇宙旅行から地球に戻ってきました。笑。

 

いやぁ、、、、、今更ですが。。。芸術家って仕事、ものすごい大変な仕事です。

それを、改めて実感しましたし、芸術家がARTという枠で意味のわからない値打ちが

ついたり、時代に語り継がれたり、宗教戦争の発端になったり、、、

 

私はそこまでの領域にはまだ行ってないけど、「理由」をのぞかせてもらいました。

のぞかせてもらえた芸術家は、ほぼいないんだと思う。みんな、そこまで行く試練を

乗り越える前に挫折してしまうから。

芸術家の仕事って、まるで修行僧と同じ。。。苦しみ9割1割が希望の光。

 

私の人生も生まれたときから、波乱万丈がまるで津波のように襲ってきて

半端じゃない人生を歩んできました。まあ、、、根本的にスーパーポジティブで

全てをギャグにしてしまうから、地獄の底にいても笑ってられるんですけど。

 

よく、「芝田さんみたいな楽しい人生を歩んでみたいです。」って軽く言われるんですよ。

「こんなアホな人生、やめといた方がいいよー」とか言うんですけど。

 

普通の精神だと、1日で潰れます。3日もてば、凄いね!と思います。

いつも、ヘラヘラしてるけど、実はそのくらい過酷だったりするのです。

 

私、思うんですけど、デザイナーさんとか職人さん、演奏者とかって、訓練して技術とかで

出来ちゃう世界なんだけど、芸術家って世界は、誰もがなれない世界というか、、、

多分、宇宙からの指名制度なのかな。と。

その指名を受けるために、無から有を生み出す「魂の禊」を色々な形でやらされるんだけど、

なかなかね、、、突破できないんですよね。

 

私も地獄に数え切れないほど、突き落とされて鍛えられました。

これでも、芸術をやるのか?これでもやるのか?って、、、感じで試練しか来ないんですよ。

 

まあ。。。大体の人は挫折するか、精神病になるか。その2本道なんんじゃないかな?

 

そこをも突破できた人に光が与えられるというか。。。

まあ、、、だから、芸術家で今の時代で名前が世の中に出てる人って、好きとか嫌いとか

関係なく。いやあ~本当に凄いと思うし、自分も宇宙をみさせてもらえたからこれから

発表していく作品が本番なのかなと。


今、新作のシリーズを描き終えたところなので、発表の準備をしているのですが

手が止まらなくてね、、、発表する前から、その次の作品にも手が動いています。


2010年に描いた、「 龍と鳳凰 」のシリーズ、その後に女体を描いたのが最後で

ご依頼を受けたら、お仕事として描く事はしていたのですが、「 自分独自の魂を描く」

世界から5年離れていたんですね。


ご依頼は大事に受けて描いていたし、書くつもりでいたのだけど、独自の魂を描く世界

はあと20年は描きたくなくて、、、描こうとしなかったのです。


龍と鳳凰シリーズで、愛をテーマにしたのですが、あのシリーズで描いていた絵が

同じキャンバスに入っていない龍と鳳凰の表現で、多分、、、自分自身が「愛の真実」って

所に達していなかったから、同じキャンバスに一対で入れられなかったというか、、、


恋愛とか、愛してるとか、、、そういう次元って、人間の感情の次元なわけで。。。


今回の宇宙旅行でみせてもらったのは、感情の次元ではなくて、、、


うーん。。。言葉で書くのは難しい世界になってきました。


ということで、絵に描いて作品として発表します。


あ。。。。相変わらず、イッチャッテル話を書いてますが、私は精神病でもないし。笑

ドラッグ使用者でもないので。心身健全な芸術家なので、誤解しないでね。笑。