2015/7/28

今日も、作品の説明です。^^

こんなに、作品について話するの初めてかも。

いつもは、見て頂いて感じてくれたものが答えです。

って感じで、自分の想いとかあんまり言わなかったからなぁ。

 

私は、幼い頃、アメリカで育ちました。

で、、、日本に初めて来たのが小学校2年生の時。

 

その初めて降り立った日本を見て、アメリカは、

他民族国家で色々な人種がいるのが当たり前でそういう

世界で育ったから、日本人しかいない一種類の民族が大半な

世界にカルチャーショックを受けたんですね。

 

文化や感覚、全てが違って、、、、幼いながらに受け入れるのが大変でした。

 

 

まあ、しかしながら日本人にならないとと思い。言葉の世界ではハンディーがあったから、身体で覚えて行こうと

剣道、書道、華道、茶道、、、といった「 道 」の世界を習い始めて、伝統文化から入りました。

 

例えていうなら、あの映画の「ラストサムライ」の世界。笑

まさに、あの映画の感覚。

 

で、やっぱり小学校の時からずっと身体に入れた「武士道」ワールド。これも、制作の中で核となっていて

この数年間、図書館で甲冑の事をずっと調べていて、、、

 

この甲冑の世界をどうにか、シンプルにサラッと、美しく現代的に自分のアートのフィルターでまとめたい。と。

 

で、出来たのがこれです。^^

 

これを見て、説明なしに甲冑をイメージした人いたら相当、芝田度数が高い方ですね。^^

この甲冑モデルは、大小あるのでトップページを見てね。

 

芝田とそういう所もお話したい人は、9月の展示会で会いましょう。^^

 

 ...........................................................................

9/15(火)~9/20(日)

11:00~19:00

AOYAMA(TOKYO)

...........................................................................