2016-2-14


2年前。


観光ついでに、不動産屋さんに立ち寄り、

新宿から河口湖に無計画に突然、

引っ越しをした。


当たり前だけど、知り合いが誰もいなく

山梨での住み方も、何がどこにあるかさえ、

何も知らなく。


そんな中。

毎日、河口湖のオルゴールの森美術館に通い、

気分を毎日盛り上げて、制作活動をしていた。

ずっと一人ポツンと、山の中で。


そんな自分が。


2年後の明日から、その毎日通い続けて

気分を上げてくれていた美術館で、

展示会を2ヶ月間、開催させて貰う。


2年後の今。

美術館の関係者と、本当に仲良くさせて頂いてる。


人生って、ドラマだなぁ。

つくづく、そう思う。



引っ越しした日にすぐに挨拶にきた、

コノハナサクヤ姫が奉られてる神社。

この神社に数えきれないほど、通いつめた。


絵の下書きも、神社の石段に座りながら描いたりして。


今回コノハナサクヤ姫と龍の物語を展示する訳だけど、

神様と人間を繋ぐ役割が出来て、嬉しい。


芸術家の本来の役割だからね。


この美術館で、コノハナサクヤ姫を展示出来て

本当に必然性を感じてる。その理由と、、、


オルゴールの森になぜ私が通いつめたか、

オルゴールの森美術館の魅力は、また近日中に

書きます。


とりあえず、まだ搬入が終わってないから

搬入設置をやり終えて、落ち着いたら

じっくり説明しますね。



前日の今日。コノハナサクヤ姫の神社に、

ご挨拶してきました。

なんかね、今日の神社は空気が違った。

動きが見えたから、きっと、コノハナサクヤ姫が

動き出してるんだろうと思う。