2016-8-14

おはようございます。

 

今日も、一日が始まりました。^^

 

依頼を受けている絵画を描きながら、

依頼のアクセサリーを作りながら

 

接客しながら、公演の準備もしながら、、、、そんな色々な一日です。

 

好きとか、嫌いとかそう事ではなくて、「分かり合えない人」

ってどうしてもいますよね。

好きなんだけど、、、、なんか通じ合えない。って人。

 

私ね、考えたんですよ。

その事について、自分なりに。

 

セカイノオワリのドラゴンナイト歌が大好きで。

 

「人はそれぞれ正義があって、争い合うのは仕方がないのかもしれない

だけど、僕の正義がきっと、彼を傷つけていたんだね。」

 

このフレーズが大好き。自分の目の前に「分かり合えない」と

思う人が現れた時に、頭の中で鳴り響く。

 

シンプルだけど、良い音楽を作ったなあ。と思う。すごいよね。

 

私ね、分かり合えない人とは分かり合おうと思わない事にしてるんです。

 

あのね、、、同じ星から来た魂なら、分かり合おうとしなくても

分かり合えてしまうから。分かり合わないと、と思う必要がないんですよね。

 

だけど、人間世界には、様々な宇宙の星から魂が来ているから

同じ言語を話ししていても、言葉が通じない人もいる。

逆に言葉を並べなくても、通じ合ってしまう人もいる。

 

あとは、人間界では同じような経験をしている人とは

言葉を並べなくても、通じ合える。

 

私ね、絵画を描くときに昔から、絵の具を混ぜるのが嫌いなのです。

画家はよく、混ぜながら自分の色を作っていくじゃない?

私ね、食べ物もそうなんだけど、全て新鮮な色そのものを食べるのが

好きなの。一番贅沢なのは、畑のモノをその場で頂く事だと思う。

 

だから、絵画に関しては色々な会社が「この色は綺麗だ。」

と商品を出している絵の具に対して、それをそのまま生かしていきたい

と思ってるから混ぜたりしないんだよね。

 

人間関係も同じ。

 

価値観が違うのは、その人の人生から生まれた

価値観である「個性」だと思う。

 

じゃあ、そんな合わない人達が集まる社会でどうしたら

上手く回るのか?というのは、タンタンとした「ルール」に

乗っ取って各自が進むだけの事かなと思う。

 

たぶん、この考え方は多国籍の場所である

ロサンゼルスで育ったから、こういう考えに自然となってる。

 

ロサンゼルスには、世界中から色々な宗教、人種が

集まるから、価値観が違い、分かり合えないのは当たり前。

だから、最初から分かり合おうと思わないで

様々な文化を、分かち合おうとする。

 

日本は基本的に、日本人しかいないから、

一列みな同じ価値観であろう。という社会が作られている。

みな同じでないなら、あの人はおかしい。と。

 

色は、同じじゃなくていいと思う。

混ぜなくていいと思う。

 

多国籍な人種みたいに、同じ人種でも、

多星籍な魂なのだから。

 

 

一番悲しい事は、混ざらないからと言って、

争いになる事。

そうなる前に、混ざろうと無理やりしなくて良いのだと思うんだ。

 

 

............................................................................................

【三夜祈り描き公演】

8月28日(日)、9月24日(土)、10月22日(土)

..........................................................................................

 

河口湖オルゴ-ルの森美術館

「芝田じゅん展」 8月31日まで

 

【休日】  

8月22日、23日、28日、

.......................................................................................