2016-8-26

こんにちは。

本日、「山梨日日新聞」という新聞に

神社の公演の内容が取り上げられました。

 

新聞記者って、すごいなあと感心しました。

 

私の事を知る人なら、知っていると思いますが

私が話し出すと、宇宙とか、神様とか、

龍神とか、、、、そういう話が、日常会話に

なっているから、内容が一般社会の人が

あまりついてきてくれないのですね。

 

だけど、それが私の中での真実だから、

そういう事しか話が出来なくて。笑

 

 

 

取材中も、そういう話しかしていなくて、こんな内容を一体

どんな文章にするんだろう?と私自身も、楽しみにしていましたが

さすが、プロですね。

私が言いたい事と、社会をうまく繋げてくれた。

プロは凄いなあ。と感心しました。

 

そんな訳で、、、

 

もう一人、元記者の知人がまとめてくれた神社公演の内容も

下記に載せときます。

 

 

私はというと、、、神様から「 富士王朝 」という言葉が

ずっと降りてきていて、どうやら富士山の麓は

「 富士王朝 」の時代のエネルギーがよみがえっているようで、

そのよみがえる為に様々なジャンルの人間が、あちこちから

呼び寄せられていて、私もその中の1人みたいです。

 

「 富士王朝 」については、皆さま自分たちで調べてください。

 

私は、キーワードとその時代の映像が降りてきているだけなので、

資料とかは見ていません。

 

 

 

 

 

.................................................................................................................................................

 

 

【世界遺産の神社で行われる巨大水墨画ライブペイントイベントのご案内】

「三夜祈り描き公演 ~木花開耶姫(このはなさくやひめ)と龍の愛の物語~」

富士河口湖町に住む現代美術家の芝田じゅんさんが、2016年8月28日(日)の午後7時から世界文化遺産富士山の構成資産の1つである河口浅間神社(富士河口湖町河口)で水墨画のライブペイントを行います。...
河口浅間神社に祭られる木花開耶姫命(このはなさくやひめのみこと)と河口湖の「龍神」をテーマにしたオリジナルの物語「木花開耶姫(このはなさくやひめ)と龍の愛の物語」をピアニストの渡邊千春が演奏をする中、三夜で展開します。描いた巨大な龍の絵画は火に入れて神様に捧げ、祈りを届けます。
日本の安全を富士北麓最古の河口浅間神社から絵画と音楽で祈る神秘の夜が繰り広げられます。
本日(8月26日)の山梨日日新聞で情報が掲載されました。是非お越しください。

...........................
第1章~姫の熱~ 8月28日(日)19:00~20:00
第2章~不死薬~ 9月24日(土)19:00~20:00
第3章~龍と姫の愛~10月22日(土)19:00~20:00
............................

【各章プログラム】

1.御祈祷
2.木花開耶姫~主題曲~
3.祈り描き
4.龍神~主題曲~
5.神主からのお話し
6.天龍の火
...........................
【会場】河口浅間神社/山梨県南都留郡富士河口湖町河口1番地

●会場は夜の公演の為、寒くなる事がありますので十分に防寒対策をしてきてください。
●各章ごとのご予約となります。席に限りがありますので、早目のご予約をお願いいたします。
●神聖な場所での公演の為、会場での行動や言語にご注意願います。

【協力】河口浅間神社/河口浅間まちづくりの会/
上の坊Project/ソラの家/河口湖オルゴールの森美術館

【主催】SHIBATA JUNE