2016-10-8

 

おはようございます。

今の河口湖の家の側には、大きな公園があって

その公園で散歩をするのが凄くすきなのです。

どんな公園かは写真で見てね。^^

 

 

芝生が綺麗に整備されていて、公園のところには

「道の駅」があってね、野菜はそこで買ったりしてる。

朝、採れたての野菜が激安なの。凄く、贅沢だよね。^^

最近は、河口湖でさえ人込みの中に行きたくなくて、

河口湖駅の方とか余程の予定がない限り行ってなく。

家の近所で全てをどうにか終わらせています。

そのくらい、今の家の環境が合うんだ。

 

河口湖を知らない人には、想像できないですよね。笑

 

簡単に説明すると、どういう地域に住んでいるかというと、

駅からは車で10分。徒歩40分、自転車20分のところに住んでいます。

富士山の繋がる、神聖な小山があってね、その麓に家があります。

湖からは自転車で2分、徒歩5分。

周りには、ポツポツと家があり、個人でやってるレストランとか

カフェとかが色々ある場所なの。

 

河口湖で一番そういう個人でやってるレストランやカフェが

「いい感じ」なんじゃないかなあ。

いかにも、個人がやってる感があってね、それが心地よいんだ。

そのレストランや、カフェの案内特集でも今度ブログに載せようかな。

 

それでですね。。。話を戻すと、その近所の公園に昨日も制作のあとに

散歩して公園で読書していたのですが、「ヤマボウシ」の実が生って

いたから、採ってきてすぐにジャムにしてみました。

ヨーグルトも自分で作っていて、ミントも自分の畑で作っていて、

ヤマボウシのジャムを乗せて食べてみたら、美味しかった。^^

 

写真を見てね。^^

 

私ね、冬になると毎日ジャム作りをしているの。

河口湖は寒くてね、、、だから、都内のエアコンタイプの暖房だと

力が弱くて、石油ストーブが必修。

で、ビジュアル重視な私としてはその石油ストーブのデザインも

可愛くないと家に入れたくなくて、2年前に買った石油ストーブが

今も気にって使っているのだけど、それが超!アナログで。

そのストーブの上が調理器具として使えるのです。

 

だからね、毎日ジャム作りをしていたの。

 

河口湖の冬の楽しみは、ジャム作り。

 

今年の冬は焚き火とかにも挑戦したいなあ。湖畔で焚き火とかしたい。

 

なんでも買えば手に入る時代だけど、こうして自分の手を使って

作りだす事って本当に楽しいんだよ。

それには、ゆとりある「時間」が一番必要。

 

現代人はお金儲けは得意だけど、「時間」貧乏だよね。

 

 お金はある程度あれば良くて、時間がないとお金を稼いだところで

「心」も貧乏な気がする。

 

 これって、「仕方がない」現象ではなく。社会が組み込んだ

不必要な「忙しさ」なんだって事。気づかないと魂がやられてしまうと思う。

 

まあ、時間があっても「豊かさ」を追求していない人も

心が貧乏だけど。

 

お金の価値が無くなった時に、お金を武器に生きていた人達は

みんな自殺していくだろうね。そうならないように、

豊かさを生む手法として、お金に頼らない事。これって、現代人の

今後の大きなテーマになってくるんだろうな。

 

あんまりこういう事言わない方がいいかもだけど。

私の推測だと、数年後は多くて日本の人口の3分の1の人が自殺で死ぬ気がするんだ。

その3分の1って「お金崇拝者」

お金がないと、どう生きたらよいかわからない人達ね。

 

まあ、、、簡単にいうとさあ、、、、

 

「みなさん、遊んでますか?魂が喜ぶ遊びをしていますか?」って事。

 

実験してみるといいよ。^^500円玉しか敢えて持たないで、出かけて

これでどれだけ「楽しい!」と思える事が出来るか。

訓練してごらん。お金に頼らない「楽しい!」を。

 

それをやってると、お金を使う楽しさも、お金を使わない楽しさも

「できる人」になって色々と柔軟になってくるよ。

この訓練は「固定観念」を取り除く思考癖を治す、治療にもなると思う。

 

せっかく、人間として地球に遊びに来ているのだから楽しまないと。

 

500円だけを持って、1日遊びに行ってみてください。どんな「楽しい!」

を経験できたか、是非、報告してくださいね。