2016-10-9

 

おはようございます。台風が来てるからかな。

風が強いですね。

 

 

今日は母親について書きますね。

 

 

私の母親は、本当に純粋で優しい人です。

お嬢育ちだからちょっとワガママですが。笑

 

 

会うのは2か月~4か月に1度とかそのくらいになったけど

連絡を取らない日はないくらい仲が良いです。

 

 

私がこうして、芸術制作に専念できるのは母親のお陰で

この世に生まれて、芸術家として作品を残す上で

神様が母親の元に生まれさせたのだなと思う。

そのくらい、芸術家の生き方をわかってくれている。

 

 

そんな彼女は、昔からそうだったかというと違って

昔は、芸術活動なんて大反対だったのです。

公務員が大好きで、幼いころは父親、祖父と同じように

警察官になりなさいと埋め込まれて育ちましたが

私が、高校生になってから芸術活動の方面に進み

母親としては、私に対して呆れていた時代が続いていたんですね。

 

 

そんな母親の思考を変えたくて、私が母親に「陶芸」を

勧めたのです。すると、母親が陶芸にハマり。

一生懸命になりそこから10年。

なかなか、良い作品を作ってるんですよ。^^

 

 

陶芸の経験で、彼女はこの10年で随分と思考が変わりました。

 

 

私が、日本国内あちこちの聖地に行って沢山の経験をしながら

「学び」をした事を話したり、悩みがあると必ず母親に相談していたから

自然と私と共に魂の成長をしている「同志」になっているのだろうな。

 

 

16歳のころから、家を出て私は生活をしているけど

どこにいても、必ず自分が作った食べ物を沢山送ってくれているよ。

今でも、月に2回くらいかな。私が住んでいる地域が

スーパーから遠いのを知ってるから、頻繁に料理の材料とかを

送ってくれているんだ。彼女は不思議な人で、食べ物の神様が

ベッタリくっついていて、1日に大量の食材が彼女の元にやってくるの。

毎日の事でずっとそうだから、子供としてはそういう彼女を、

当たり前に見ているけど、冷静に考えるとここまで食べ物に

好かれている人は、そうそういないと思う。そのくらい、

食べ物が彼女の元に毎日やってくるの。

その恵みが、私に回ってくるから私も食べ物には困らない運なんだよね。

 

 

そんな母親は、幼い頃からモロにシャーマンの血が入ってる人で

肉眼で見えないモノが見えるのは当たり前で、そういう点でも

私の一番の理解者なんだ。

誕生日が111、住所の番地も全部11111。

一々、取り巻く数字が「1」

 

 

本気を出すと、私より霊能力が高いけど本人はあまり

そういう自分を伸ばす事はしないで、定期的な

自分のお祓いとか、遠隔透視も私にやらせてる。

 

 

だけど、やっぱりこの人の霊能力は凄いと思う時が

しばしあってね。内緒にしている事が必ず彼女の夢の中で

「お告げ」として出てくるの。

そのお告げを守らないと、ひどい目に合うから

そのお告げには、私も姉も服従している。

 

 

久しぶりに、昨日。ドンピシャなタイミングで「夢のお告げ」を

聞かされたから、なんとなく今日は母親の事を書いてみた。

 

 

一番、自分を理解をして欲しい「母親」という存在の人が

自分の生き方を理解してくれていて私を信じているのは、

凄くありがたい事だし、

 

 

彼女の凄いところは、母親が元気でいないと子供に苦労を

させる。と言って。。。自分の健康管理を徹底しているという事。

私よりも徹底してるし、私よりも元気。笑

彼女の子供として今世でご縁があった事、ありがたいです。

 

般の女性のように、結婚して子供を産んで、、

そういう一般的な生活は、神様は私に与えなかったけど

 

芸術を残す上では、いつも神様は環境を整えてくれている。

だから、良い作品を残していかないとね。

 

 

初公開。私の母親の写真。

この前、河口湖に泊りに来た時に、隣の家の奥さんが

母にコスモスの花を大量にギフトしてくれてた時の写真。