2017-2-10


おはよう。
写真は、10年くらい着てる衣装。
沢山の回数をこれを着て
パフォーマンスをしたから、
よく観ると裾とか汚れてて、、、

そろそろ、新しいのを買わないと
なぁ、、、と思う。
衣装は、沢山持っているのだけど
着るのはいつも、同じ衣装に
どうしてもなる。洋服もそうで、
気に入った洋服あると、同じのを
5枚くらい買って、それしか着なく
なり、まるで、制服みたいな
感じになる。

2011年の311の地震の直前に
ある場所を半年間、地球の為になる
活動をする為にこの場所で何か
やりなさい。と
あるシャーマンの人に場所を
託されたんだよね。
その直後に大地震。

地球の為になること。。。
しかも、その場所が使えるのが
半年間という期間で。

瞑想を繰り返しながら、神との
対話をし続けた結果が、
「小劇場」だったんだ。

わかりました。小劇場をやるよ。
と決断した夜に
枕元に女性が現れて話しかけて
来るの。その女性のこと、
知らなくて、調べたら
「出雲のお国」だったんだ。

出雲大社の巫女でもあり、
歌舞伎の創始者ね。

すぐに、出雲に飛んでいき、
お国の墓参りを3日に渡り
やって、小劇場が無事に半年間
やりきれますように。と、
天国からの支援をお願いしたんだ。

おかげ様で、小劇場は半年間
無事に終わり、海外から日本国内も
あちこちから出演しにきた、
幻の劇場となり、良い幕開けと
良い幕閉じを出来た。

幻の劇場、幻の芝田じゅんに
したかったから、劇場が
幕を閉じたと同時に姿を消した。
凄く大変だった期間だったけど、
面白い期間だった。

今でも、その世界の人たちに
たまに語られてるんだろな。笑
変な女が劇場をやった話。

劇場が終わっても、何回か出雲大社に
行っては、お国の墓参りをやって
感謝を伝え続けているよ。

2010年の龍鳳シリーズの絵画、
観音シリーズ、弁財天の絵画。
あの時にスレスレの精神まで持って
いき、描いていた期間があって。

その次元を超えた愛の世界の
ヒカリの領域の絵画。

その挑戦、出来るかも。
わかんないけど、イケるかも。

今、絵画を描く情熱がグングン
大きくなっていて、降りて来る
メッセージを描いていくと、
その行きたい次元になるんだ。

今、交信している神様がいてね、
その神様が求める事を
デッサンしていると、自分が
見たかった世界と同じなの。

何で自分が無意識の中、
「龍神」が宿る魂と「一対」で
なければならないのか。とか、
それが、龍ではなく、龍神で
なければならない理由とか。

色々とね、だからだったのか〜。
と。なんかさ、、、
次元の展開スピードが
急速になっている。今までの次元と
スピードが全然違うの。だから、
グランディングをするタイミングが
ないの。ずっと、24時間
天界との交信をしっぱなし。
グランディングしないと、ヤバい!
と思うのだけど、情報が途切れないから
う〜ん〜

この絵画を発表となると、
今までの絵画を発表してきた感じとは
なんか違うんだよね。
発表の仕方、どーなんだろ。
なんか、今までの発表となんかが
違うんだよな、、、

そこまでは、まだ降りてきてない
から、今は具現化する事に集中を
しようと思う。
古代琉球王国の海底に沈む、私の
元の国の人たちのエネルギーを呼吸
して、エネルギーをマンタクに
してから描くんだ。

その先は、流れに任せよう。

今日もキラキラでね。いつも、
愛のエネルギーを沢山ありがとうね。