2017-3-6


おはよう。
写真は、スーパー常連の画材屋の
世界堂の入り口が1枚目。

私の全財産を常に注ぎ込んでる
会社です。笑
そして、昨日も相当な金額を
注ぎ込みました。笑

今回の制作は、過去最大の
気合いです。描くべき絵画が
視えていて、その絵画を描いた
後の発表の仕方とか、
後のこととか、全く今は考え
てなく、考えないようにしてる。

余計なことを一切考えないで、
この描くべき絵画を具現化する
ことだけに集中するんだ。

世界中に、画家になりたい人や
画家の人が数えきれない程いて、
氷山の一角くらいしか、絵画で
生活出来てないと思うんだよね。

自分は画家になろうとしたのでは
なく、流れでなった感じで。
流れで絵画を描いてると、生活が
出来ていて。

私が描く新作を、沢山の人達が
楽しみにしてくれていて。
応援してくれていて。

突き抜けた絵画を描くことに、
沢山の人達が祈ってくれていて。

これらの環境って、私はまだ
メジャーではないし、突き抜けた
作品を出してないのに、
氷山の一角の中に入っていて。

なんか、、、
この画家としての環境は奇跡なんだ
と改めて思ったよ。

なんで、自分は絵画のことだけを
考える環境がいつも揃うのか考えたら
「宿命」と「運命」が重なるから
必要なことが揃って来るんだな。と
思ったんだ。

宿命と運命が重ならないと、人生って
流れがスムーズじゃなくなるんだよね。

自分の宿命は間違いなく画家であり、
これから10年が人生のクライマックス
の期間である事もわかっていて。

そのスタートが、今から描く絵画
なんだ。

いつも、応援してくれてありがとう。

2枚目の写真は、六本木ヒルズに
置いてあった、加計呂麻島の
写真集。六本木に加計呂麻島が
いたのは嬉しかったなー(^-^)