2017-3-13


おはよう。
アトリエの隣に小山があって、
その山の頂上には男女の銅像
があり、秋葉神社があるんだ。

不思議な縁だなって思う。
知らずに、この場所へ来たのに
祖父の芝田の出身の、加計呂麻島
の芝で大事にされているのも
秋葉神社で。祖父が他界した
理由も秋葉神社が関係したりして。

制作期間は、出歩かないから
運動不足解消の為に、この小山を
登り、瞑想。
美しい鳥に会ったり、リスがいたり。

もうすぐ春が来る匂いがしています。

昨日ね、瞑想をしていたら
昨日blogに書いた、
「 闇の中の光。死の中の生。」
この次元ではなく、

「光の中の光。」
今回の制作では、
この世界を旅することになるみたい。

てっきり、「光の中の光。」の
世界は、人間世界の目に見える
世界で起きてくる、現象かと
思っていたら。自分の魂の
世界のことで、制作を通して
魂の光の世界を旅することに
なるみたいなんだ。

その光の世界の旅が終わり、
そのエネルギーをキャンバスに
描いて行ったことにより、
光の絵画となるんだろな。

自分が思っていた光の世界とは
逆だった。

外部から、光が射し光の絵画を
描くのかと思ったら、
内部から光が見え、光の絵画を
描くのだった。

だからこそ、その光の絵画を
描いた後の、外部の人間世界が
これまでの「闇の中の光」の
世界と違い変わるんだなぁ。

で、描いた後のことを何も考えて
ないのは、今の自分の価値観とは
違う価値観の世界を引き寄せる
ことになるから、今は、
先のことは、考えても答えが
出ないから、考えなくていいんだ。

次元が変わるってそういう
ことなんだ。

この世界は、パラレルワールド。

うん。納得。

ワクワクしてきた。

やっぱり、秋葉神社の神様と
対話すると的確に答えてくれる。

さあ、、、楽しくなってきました。
引きこもり貝殻も整えたし、
ヤドカリ芝田。
光の世界にダイブ。ドボーン。

いつも、ありがとう。