4/23

おはよう。

 

富士山麓は、今日は晴天でお花見の

観光客が沢山来てうちの近くにある、

大きな公園でワイワイ賑わってました。

湖を見ながら、満開の桜を見ながら、

みんな楽しそうにしています。

 

昨夜、前から観ようとしていた映画を

観ました。「2つ目の窓」という映画で

奄美を題材にした作品なのです。

 

1世代上の歌手である「UA」が好きだった

のですが、彼女の母親が奄美で、

UAと村上淳さんの息子が主演していて

お父さん役に、村上淳さんが出ている

映画で、どうせなら主題歌をUAが

歌えばいいのに。と思ったけど、

それは違いました。

 

映画の内容は思ったよりも、グサッと

刺さって来ないけど、多分、監督さんは

内容の演出よりも、奄美の文化を

重要視している感じがして、

この映画を見れば、奄美の地元の質感や

文化的な事がわかる内容になっていて、

奄美の人が見ると、嬉しくなるんじゃない

かな。

映画というより、映画を使った資料って

感じがした。

 

UAの息子。かわいい。笑

さすが、UAの遺伝子です。

 

映画は沢山見てます。

 

好きな映画のシーンの1つに。

有名どころでいうと、90年代後半に流行った

「タイタニック」。

豪華客船が沈んでしまう時に、仕事で

演奏をしていた音楽家たちが、逃げずに

船が沈み、自分たちも死ぬ事を知りながらも

演奏をし続けたシーン。

あれは、演奏家だけど芸術家の魂を感じる

シーンで、あれが本当だとしたら

後世にしっかりと、芸術家の魂を残して

くれてリスペクトしてる。

芸術家として生きる事、芸術家としての仕事。

それらの「姿勢」を凝縮されたシーンで、

自分もそう生きていきたいと思わせてくれる。

 

世界がどんな状態になろうと、芸術家は

火の海、水の中どこであろうが、

美しさロマンを流し続ける事。

 

他にも好きな映画のシーンがあるので

たまに書きますね。

では。

 

今日も、キラキラで行きましょう。^^