5/20

おはようございます。

 

少し前に、あるホテルのオーナーと

たまたま2人でお茶を飲みながらゆっくり

語り合った事があって。

何度も会ってる方だったけど、2人で

話をするっていうシーンは

初めてだったんだよね。

 

その会話は、6歳の男の子と5歳の女の子が

砂場で夢を語り合う。そんな光景と内容で。

 

その方がこれまでやってきた事、

これからやっていきたい事。

戦場ではなく、砂場で喋っているような

感覚の光景だったから、お互いに心を

開いて、普段は言わない話とかもしあって。

気が付いたら8時間とか経っていて。笑

 

世代は私の3周りくらい上の世代の方

だし、社会的には天と地の差。

それでも、「職人」としての魂は

同じモノを持っていて。

少年と少女の目線で、砂場で

夢を語り合っていたんだ。

 

「僕ね、ここにお城を作りたいんだ。」

「私ね、この国の歴史を作ってみたい。 」

 

8時間。ずっと、そんな会話。

 

その方に、

 

「 じゅんちゃんは、規模が大きい人生を

歩く人だから、だから普通の男性では

引かれてしまう。けど、それはそれで

いいんだからね。

そんな事よりも、世界を目指すんだよ。

僕は日本は制覇したから、今度は世界を

制覇していくから。絶対にやるから、

観ていてね。 」

 

【僕は、ホテルの世界で世界を制覇する。】

 

【私は、日本の芸術の世界の新時代を作る。】

 

少年と少女は、熱い決意を8時間で

まとめたんだ。

 

都内にいる時、前に借りていた

六本木の事務所近辺がやっぱり、

かってが分かっているから

事務所を畳んだ今でも、都内にいるときは

事務所があった場所の近くのホテルに

滞在しているんだけど、

一昨日は

たまたま、別のエリアで用事があって

たまたま、その少年が作ったホテルに

宿泊したのだけど。

初めて泊ったんだよね、そのホテルに。

 

で。エレベーターとか、廊下とかに

世界に向かってエリア進出をしている

広告とかあちこちに貼っていて。

 

やってるなあ~笑。って嬉しかった。

 

で。そのホテルから、

「お前に休憩はないからな?

鎧を着て戦場で死ぬのがお前の宿命だろ?

戦場に出て戦って、言った事を現実にしろ。」

って。

 

そんな事を言われているような気がして、

色々考えて、一睡も出来なかったけれど、

それはあの8時間の会話の

記憶の箱を開けて、その8時間の

砂場の会話をまた味わいながら

自分のモチベーションを上げていて。

 

その少年が活躍している間に、

必ず私は新時代を作って、

「あいつ、やってるなぁ~^^」って

思わせてみせる。って。

また、意識が高まった。

 

3週間くらい前かな。

「マリリン7日間の恋」って映画を観たのだけど

 

マリリンモンローと青年の

世界が違う2人が7日間の熱い恋に

落ちる実話なんだけどね。

 

マリリンもそうだけど、アーティストは

ロマンの世界の演出のプロで。

呼吸をするように、ロマンのカタマリで。

 

簡単に言うと人々が日常で飲む、緑茶とか

水の存在ではなく、お酒の存在で。

お酒を飲んでロマンに浸りたい感覚の時に、

人々はアーティストに近づいて、

様々な情熱をぶつけるんだけどね。

 

それはいつもと違う刺激を観て、

刺激的に感じ、恋と勘違いをする心理であって。

 

だけど、プロのアーティストは

自分が刺激物な存在を理解しているから、

近づく相手が、今はお酒を飲んで

刺激が欲しいリズムなんだな。って

自分の存在の居場所を分かっているから

近づく相手に心が動く事がなくて。

 

ロマンを一緒に味わいましょう。

的な感覚の世界を共有して、その世界から

アーティストは作品を生んだりして。

そして、それが世の中の

人々のロマンを演出していく作品となっていく。

 

アーティスト側にとっては

緑茶を飲んでる分けではなく、ロマンは

パレットに乗せる絵の具であって。

 

マリリンモンローの映画はそうした

アーティスト側の感覚をうまく描いた

作品の映画で。

 

自分は、そうした所が心理的にプロの

アーティストだから、だから口では

「電撃結婚をしてみせる!」とか言いながら

長年、心をみせるパートナーを

作らないんだと思う。

 

そして、「電撃結婚をしてみせる!」

は自分の周りでは、ただのギャグになりつつ

あって。また、あいつ言ってる。くらいにしか

受け取られてなくて。

 

少年から、じゅんちゃんは普通じゃないから

普通を人生を求めてはいけないからね。って

言われた言葉を思い出し、

 

少年のホテルで、少年との会話を

思い出しながらマリリンモンローの

映画の内容も思い出してた。

 

少年は、ホテルの世界で世界制覇。

少女は、芸術の歴史の新時代をつくる。

 

少年に「あいつ、やってるな~」って

必ず言わせて見せよう。

 

今日も、制作。頑張るよ。^^

 

今日も、キラキラでいきましょう。^^