6/6

おはようございます。

 

昨日は、ハーブチキンが食べたくなり。

10種類くらいのハーブに前夜から漬け込んだ

チキンを焼いて食べたよー

 

たまに食べたくなります。

 

昨夜。ジュネーブにいる友人から電話があり

私の声のバロメーターを聴いて

「今、追い込み過ぎてない?」って。

会話が終わる時に

「いつものジュンに戻って安心した。」って。

 

私を元気づける為に、楽しい会話を

してたんだーって

そんなちょっとした、人間愛に泣けた。

 

何でブログを朝に書いてるかというと。

夜は、制作に集中した後で抜け殻になっていて

言葉を発信する気力がなくて、

会話すら気力がなくて出来ないんだよね。

で、夜に電話とか入ると、ヘトへトな声で

いるわけです。

 

朝になると、また復活していて

言葉を並べる気力がありこうして、ブログを

書けるし、強気な発言を連発したり、

エネルギーを絵画に入れ込んでいます。

 

山の中で一人ぽつんと。

 

制作だけに向き合う環境で、アーティスト

としては集中するのに凄く良い環境で、

だけど、人からはそんな孤独な事に

良く耐えられるね。って言われる。

 

そのたびに、孤独ってどんな感情だっけ?

いつから、孤独の感情が私にないんだろ。

 

って。考えたりする。ほんとに、

孤独とか、寂しいとか。そーいった

感情が綺麗になくて、まあ、、、

じゃないと、山の中に一人ぽつんと

制作だけをやる生活を作らないでしょ。

 

昔は違ったんだよ。

孤独に耐えられなくて、寂しさに

耐えられなくて、その弱さに

空回りしていた若者だったの。

若者はみんなそうだよね。

いつから、孤独を感じなくなったのか

記憶がないくらいそのくらい、

寂しさとか孤独の感情がなくなってる

事に気が付き。だから、長い間

恋愛に発展しないんだなーって思った。

 

人って、寂しさや孤独を埋める為に

人肌恋しくなったりするわけで、それが、恋という感情と錯覚して

恋愛とかに発達するのだろうけれど

孤独がないと、恋の感情と

錯覚が起きないんだよね。

 

寂しいとか孤独って感情を持っていた

時は、その自分の弱さに飲み込まれて

苦しかったけれど、

完全になくなると、孤独や寂しさの

感情が懐かしくなるものだね。笑

 

精神修行をしすぎたのかな。

 

心のどこかが欠けていないと

人として、味気なくなるかもしれない。

なんか、大人になっても不器用な心を持った

人って人間っぽくて面白いもんね。

 

いつから、私は人間っぽい心をなくして

宇宙人に近づいたんだろう。

でも、今の自分の心のカタチは結構気に入って

たりするんだ。

 

そんな事をちょっと考えた昨晩でした。

展示会が終わったらジュネーブに行こうかな。

 

心のカタチ。

 

今日もキラキラで生きましょ。^^