4/29

おはよう。

 

今朝の、山登りの時に子供の猿が

近づいてきて。

私の顔をみながら、泣いてきて。

「どうしたの?」って聞いたら

「家族とはぐれた。」って泣いていて。

 

2人で見つめ合いながらどうしよう。。。

 

ってだけど、私にはどうする事も

できなく。山頂の神社の神様に

「君のテリトリーなのだから、君の出番だ。」

って託してきた。

 

動物たちは、毎日が生か死で。

 

人間は、死んだよう生きている人間もいたりして。

 

神様は平等なんかじゃない。

 

だけど、生きる事から視点をずらして

魂の光として観た時に、死んだように生きる

人間よりも、今日見た子供の猿の

魂の方が魂の価値があるような。

そんな気がした。

 

魂の価値。

 

けど、やっぱりせつない。

みつかるといいな。

 

制作は、やっと自分が描きたい絵画を

描けてきた。まだまだ、飛ぶけどね。

自分が人間世界に残したい事を、

詰め込めてきた。

 

私を知った人には、毎日キラキラ

してもらいたい。死んだように生きる

んじゃなく。生きてほしい。

自分が思っている以上に、人生は短くて

だらしなく生きる事と、

束の間の休憩は全く違う意味で

誰もが死ぬんだよ。それが明日かもしれないし

今日かもしれないし。

だけど、神様が与えた平等の中に

 

死もあるんだ。

 

今、死んでも人生やり切った?

 

「うん。やり切った。」

 

って毎日、答えられる自分でいようね。

では、今日もキラキラで。

 

4/28


おはよう。
今、庭でデトックス水を飲みながら
書いてます。
オレンジと、レモンと、ミントを
一晩漬けたデトックス水。
今日は天気良いので、植物たちに
沢山の水を与えて植物たちも
嬉しそう。

写真の白い花は、「JUNE berry」
と言う名前のベリーの木。
もちろん名前で買い、庭の中の
特等席に植えてます。

JUNE。6月に赤い実がつくから
JUNEベリーって言う名前なんだって。
花言葉は「穏やかな笑顔」

6月が楽しみ。(^-^)けど、6月に
なるとまた、1つ年齢が加算される
から、毎年微妙な月。
それでも、1年で毎日、私の名前が
カレンダーに記載されてる
1ヶ月だから、みんなが毎日私を
思い出してくれるから、有難い月
でもあるのだけど。

今日は、エネルギーが良い感じに
グルグルしているから、良い
制作の日になりそう。
では。今日もキラキラな1日を。



4/26


おはようございます。

昨日は、詰め詰めな1日で
朝は山登り、武術の練習。
そのあと制作で、その後は都内に
来て、友人にポールマッカートニーの
日本武道館のコンサートにお招き
頂いたから
友人たち沢山、連れて行き。
みんな、喜んでくれて、それが
嬉しくて、ワイワイして。

その後、銀座で御飯を食べ
友人と銀座のBARに行き、
BARなのにジンジャーエールを
飲みながら、カウンターの中の綺麗
なお姉さんに、手作りの庭を
自慢して植物を褒められ、
テンションを上げ調子に乗り。
ご機嫌で寝た。

そんな、長い1日でした。

楽しい人たちと、ワイワイ。
スーパースターの歌を聴いて。

楽しかったな。(^-^)

今日もキラキラな1日で行きましょー





4/25

おはようございます。

写真は、手作りの小さな庭。
昨日、少し植物を増やしました。
まだ、チューリップが咲いてないし
アネモネも少ししか咲いてないし
ブルーベリーの花も咲いてない
から、咲き始めたらまた、
アップをしますね。^_^

小さな庭には、意外と沢山の
植物がいます。

ブルーベリーの木が三本
ジュンベリーの木が一本
アネモネが沢山。
チューリップが沢山。
コゴミ
ワイルドベリー
コリアンダー
レッドチコリ
ネギ
オレガノ
ミント(色々な種類が沢山)
セージ
ローズマリー
レモンバーム
ユーカリ
セロリ
イタリアンパセリ
スィートバジル
ニンニクが沢山
ラベンダー
タイム
チェリーセージ
パンジーが沢山
マリーゴールド
メルロー

来月からは、これに
加えて昨日、説明をした
ホーリーバジルが沢山入ってきます。

この小さな庭でお茶を飲みながら
ハーブについての本を読む時間が
凄く安らぐ時間なの。

夏になったら、早起きをして
まだ暗い時間に、キャンドルを立て
キャンドルの光の中、お茶を飲み
夜明けを待つのが大好き。

早く、チューリップが咲いてくれたら
いいな。今は、ツボミ。
あと少しだー

今日もキラキラで行きましょうね。
では。



4/24

おはよう。

 

最近、人付き合いが悪くて

スミマセン。

プロフィールの年代を

観てもらえればわかると

思うのですが、

↓↓↓

 

https://www.shibatajune.com/about-june/

 

1年で何も活動していない時ってないんです。

けど、2017年は年末まで活動はしない予定でいます。

 

どれだけ、制作本気モードかわかるでしょ?^^

1日1日、全力でエネルギーを出し切ってます。

だから、夜は毎日がヘトへト。

それを、庭の植物たちが癒してくれてます。

あとは、朝の登山の時に小動物たちが癒して

くれてます。

 

昨年の秋から、人生の分岐点に来ていて

台風に巻かれた後に、1滴の雫が心に

落ちた。その雫を制作に入れ込んでいる

感じです。

 

今は、常に心身をMAXに良い状態にして

置かないとだから、かなり気をつけています。

エネルギーをMAXに持っていき、

全エネルギーを新作に入れ込みたいんだ。

 

数日前のブログに1番好きな植物を

紹介しますね、って書いておきながら

忘れてました。

 

1番好きな植物は「ホーリーバジル」という

バジルです。写真の植物ね。^^

 

今年はホーリーバジルを沢山、育てるんだ。^^

 

私の説明では、「神聖な植物なの。」の

一言で終わってしまうので、他の人が

紹介している文章を貼っておきますね。

では。今日もキラキラで。^^

 

↓↓↓

 

ホーリーバジルとは、バジルと同じ

メボウキ属に分類されるハーブです。

草丈は30~60cmほどに生長し、

葉っぱに強い香りがあることが特徴です。

茎には細かい毛がたくさんあり、

たくさん分岐しています。

ヒンドゥー教では女神ラクシュミーの化身とされ、

聖なる植物として崇められています。

死神を寄せ付けない植物として家を守る効果が

あるとされることから、今でもヒンドゥー教の寺院の

回りにはたくさんのホーリーバジルが植えられています。

また、財運をよい縁起のよい植物として、

メキシコではポケットに入れて持ち歩くこともあるそうです。

ほかにも、味にクセがないことと、葉っぱの効果効能から、

ガパオなどのタイ料理や、ハーブティーとしても

利用されることで知られています。

 

 

 

 

 

4/23

おはよう。

 

富士山麓は、今日は晴天でお花見の

観光客が沢山来てうちの近くにある、

大きな公園でワイワイ賑わってました。

湖を見ながら、満開の桜を見ながら、

みんな楽しそうにしています。

 

昨夜、前から観ようとしていた映画を

観ました。「2つ目の窓」という映画で

奄美を題材にした作品なのです。

 

1世代上の歌手である「UA」が好きだった

のですが、彼女の母親が奄美で、

UAと村上淳さんの息子が主演していて

お父さん役に、村上淳さんが出ている

映画で、どうせなら主題歌をUAが

歌えばいいのに。と思ったけど、

それは違いました。

 

映画の内容は思ったよりも、グサッと

刺さって来ないけど、多分、監督さんは

内容の演出よりも、奄美の文化を

重要視している感じがして、

この映画を見れば、奄美の地元の質感や

文化的な事がわかる内容になっていて、

奄美の人が見ると、嬉しくなるんじゃない

かな。

映画というより、映画を使った資料って

感じがした。

 

UAの息子。かわいい。笑

さすが、UAの遺伝子です。

 

映画は沢山見てます。

 

好きな映画のシーンの1つに。

有名どころでいうと、90年代後半に流行った

「タイタニック」。

豪華客船が沈んでしまう時に、仕事で

演奏をしていた音楽家たちが、逃げずに

船が沈み、自分たちも死ぬ事を知りながらも

演奏をし続けたシーン。

あれは、演奏家だけど芸術家の魂を感じる

シーンで、あれが本当だとしたら

後世にしっかりと、芸術家の魂を残して

くれてリスペクトしてる。

芸術家として生きる事、芸術家としての仕事。

それらの「姿勢」を凝縮されたシーンで、

自分もそう生きていきたいと思わせてくれる。

 

世界がどんな状態になろうと、芸術家は

火の海、水の中どこであろうが、

美しさロマンを流し続ける事。

 

他にも好きな映画のシーンがあるので

たまに書きますね。

では。

 

今日も、キラキラで行きましょう。^^

 

 

 

4/22

おはようございます。

 

今朝の山登りの時に、リスの家族に遊ばれました。

私が、必死に歩いている脇で軽々と歩いていて

時々止まり、私を見て「おっそいよ!」とでも

言ってるように見られてました。笑

 

鳥たちもどんどん種類が増えて、鳴き声が

沢山。1匹の鳥に的を絞り、その鳥が鳴いたら

そのすぐ後に、鳴き声を真似するの。

それを繰り返していくうちに、その鳥と

波長が合い始め、なんとなく何を言ってるか

分かるようになるんだよ。

 

朝は、山登りをして山頂の神社に挨拶して、

武術の練習をして、瞑想をして、下山して

庭の手入れをして。それから、制作。

 

僧侶みたいな生活でしょ。笑

 

今日も、庭の花がいくつか咲き出していて

天気が危ういから、まだ本格的に庭を

整理してないけど、すでに沢山の花たちが

咲いてます。隣の家のチュウリップ畑も

どんどん咲き始めてる。^^

 

写真は、うちの冷蔵庫。

人が遊びにくると、必ず冷蔵庫の

香辛料の〇達を触って、喜んでるよ。笑

 

制作中の気分転換に、料理をするのが

好きで、香辛料を集めるのが好きで。

だけど香辛料は目に見えてないと

棚とかに入れると、なにを買ったか

忘れてしまうんです。だから、

冷蔵庫の扉にまとめてます。

 

お客さんとかくると、

「これぞ、現代アートですね!」って。

 

今は、昨日からカレーを作ってます。

っていっても、色々な香辛料を

調合しながら作っていく、オリジナルな

カレーで。急な来客が多いから、

カレーを冷凍にしておくと、すぐに

食事が出せるから、無くなると作って

保存しておくの。

みんな、レストランよりおいしいって

喜んでくれるから、嬉しい。

 

料理ももっと、極めたいな。

 

そんな感じで。

みんなも、キラキラな1日を。

 

 

4-21

こんにちは。

 

富士山麓はやっと、桜が満開になりました。

天気が曇りだから、ちょっと残念な感じだけど。

 

桜の魅力って、一気に咲いて潔く散るところに

日本人はロマンを感じるんだろな。

 

今年は、春の始まりは西にいたから西の桜も

観たし、都内はちょくちょく行ってるから

都内の満開の時も観れたし、今はAtelierの

富士山麓の桜を満喫してます。

春を沢山、楽しんでますね。

 

多分、私は感動をする美しさの光景を

一般の方の何倍も、観て感じていると思う。

いつも、強く望んでいるから引きよって

くるし、自らも行動に移しすぐに行くしね。

 

だけど、美しい光景に感動する以上に

感動をするのが、人間の清らかな心と

接した時。

大人の人で真っすぐに向き合い、

頭ではなく、心からの言葉を伝えてくる

人と話をすると、話をしている間に

美しいなぁ。。。と感動をして、

自分の心が豊かになる。

 

たとえ、その会話が、私を正す為に私が

聞くと嫌な気分になるだろう言葉でも、

それが私に対する愛を表現している言葉と

感じると心に浸透してきて、感動をする。

 

そして、それが活力となる。

 

大人になればなるほど、難しいのが

素直に生きる事。だと思う。

 

弱さを隠す為に、繕って繕って繕って

アウトラインをカッコよく繕って。

発する言葉も、自分の立場が良くなる為に

カッコいい言葉を繕って繕って繕って。

1歩踏み込むと、その皮はすぐに剥がれ

落ちてしまい。そんなモノか。と。

 

不器用でも、カッコ悪くても、

素直に真っすぐに。そんな、大人と話を

すると感動をする。カッコいいなって。

そんな大人を見つけると、美しい花を

見つけたように感動をして、丁寧に心の中に

摘んで行くんだ。

 

自分の大事にしている大人はそんな大人で

そんな大人に会う時間は楽しくて、自分の

中で凄く大事な時間で。

そんな大人たちが頑張って生きてるから

だから、自分も頑張れる。

たまに、会いに行くと愛のエネルギーを

感じて心の光になるんだ。

 

自分は、素直すぎるところがあって、

ちょっとはお世辞言いなよ?っていうシーン

でも、感じた事を言ってしまうから

不器用すぎる。だけど、それが信頼に

繋がっているから、まあいいっか。とも思う。

 

全然話は違うけど、今、私の手首は

手を縛られ虐待を受けた後のような人の手のように

あざだらけになってる。笑

武術の道場の練習で、強い力の人と組んでしまい

やられたから、早く上手くなりたい。

 

いつも、心をキラキラでいようね。

愛のエネルギーをありがとう。

 

今日も、制作を頑張ってるよ。

 

 

 

2017-4-18

おはようございます。

 

昨夜、大雨が降り今朝は晴天。

思った通り、植物たちは育つペースを

あげています。

その成長を観ていると、愛しくて

ずっと眺めてしまう。今週末あたりに

庭を整えて行こうと思うので、出来たら

写真をアップしますね。

 

今朝は、モンシロチョウがパンジーやアネモネの

上をヒラヒラと飛び回っていました。

キラキラしてるんだ。

それを、観ているだけで自分もキラキラしてくる。

 

チューリップもグングン大きくなり、

まだ咲いてないけど元気に成長しているよ。

 

チューリップって、原産国がトルコで

寒い場所で誕生した花で、

日中に太陽の光を花の内部にたっぷり入れて

それをため込む為に、熱を吸収しやすいように

中が黒くなっていて、夜になると花が閉じて、

そのぬくもりを花の中に保存するんだって。

夜になると、寒い地域の虫たちがその

チューリップの中で眠るんだって。

虫たちの暖かいホテルがチューリップ。

 

去年、隣の家のクリエイター夫婦のチューリップ

畑を手伝っている時に奥さんが教えてくれた。

 

かわいいホテルだよね。

 

人間が泊まるホテルも、

チューリップみたいな形になったら面白いのに。

 

都内に出るといつも思う事。

 

日本って、街つくりのセンスがない。

 

日本人が、うつ病が多いのは街つくりの

せいでもあると思っていて。

 

何で、あんな形のガードレールなんだろ。

とか、なんでビルが基本的にグレーで

統一性のない建物が密集していて、

なんか、ごちゃごちゃ。

 

そんな中で生きているのだから、頭が

ごちゃごちゃになって、心もごちゃごちゃ

になるのは、個人の責任ではなく

国の責任だと思う。

 

戦後に焦って、「とりあえず」で作った

街の残骸が残っているのだと思うのだけど

日常的に目に映るもの、感じる波動。

 

それが、人間の個人を作っているの

だから、良い国にしたいのなら

街の看板、道路、建物のデザイン性を

考えないとダメだと思う。

視覚的な影響ってすごい力なんだよ。

 

世界を観て、いいな。って思う町って

街のデザインに統一性があるでしょ?

だから、いいな。って感じるのだと思う。

 

日本も、昔は「いいな。」って感じる

街だったんだろな。

おしゃれな国だったんだろな。

 

今は、なんかごちゃごちゃ。

それを、昭和的な時代としてモノクロに

写しカッコ良く見せたりもしてるけど、

なんか、ごちゃごちゃ。

 

あと、10年後の日本の街並みが楽しみ。

 

もっと、宇宙的な感じで統一性が

出てくるんだろな。

 

チューリップみたいに、朝になると

開いて、夜になると閉じたりするホテルに

泊まりたい。

 

では。今日もキラキラな1日を。

 

 

 

2017-4-17

 

こんにちは。

 

昨日、今日はぐんと気温が上がり植物が

一気に成長してます。

富士山麓の桜もチラホラと咲き出しました。

今週末辺りが、満開なんだろうな。^^

 

私の小さな楽園の花たちも、次々と姿を

出してきました。

今日は午後から雨。明日も雨。

次は晴れ。その晴れの日に、またぐんと

成長が早くなるんだろうな。

 

花屋に行けば、綺麗な花は沢山あるけど

自分で蒔いた種や、球根から出てきた花は

各段に別格。感動があるんだ。

 

そうそう、今朝、、、

いつもの朝の登山の途中、なんか光ってた

から覗いてみたら、四つ葉のクローバーを

4つ、五つ葉のクローバーを3つ。

見つけたよ。

 

昨年は、毎日見つけていたから

自称クローバーの女王。だったけど、

今年も、すぐに見つかる。見つかると

いうより、見つけようとしていなく

地面が光るから、そこを見るとあるんだ。

 

まるで竹が光る、かぐや姫の世界だね。

 

今日見つけたクローバーたちも

早速、押し花にしたよ。いつも、

大量に見つかるから、幸せになって欲しい

人に配って歩いているんだ。

 

一番好きな植物を1つだけ選ぶとしたら。

何かな?って事を考えたんだ。

 

ハーブはどれもこれも大好き。

ローズマリーとかは、ローズマリーのベッド

があればそこでずっと寝ていたいくらい好き。

 

花もどれもこれも好き。

 

写真のアネモネは特に好きな花で、

愛の矢で間違えて傷ついた美の女神アプロディーテが

その力でアドニスを愛するようになってしまい

だけど、アドニスは狩りで猪に殺されてしまう。

その時に流れ出た血液からアネモネの花が

生まれた。っていうギリシャ神話があるんだ。

 

自分が死んだ時に花を生む。って

凄く、愛だよね。

残された人がずっとずっと、触れられる

美しさに化けるんだもん。

 

私も、誰かを愛しもしも、自分が先に

死ぬ時には、何かに化けてあげたい。

何がいいかな。それを考えるだけで

心がキラキラしてくる。

 

って。先に、好きな男性をいい加減に

見つけなさい。って話ですが。。。。笑

 

写真の赤いアネモネは、「君を愛する」という

意味。

 

こうしたロマンを日常に感じないのは

生きる上で最も辛い状態のような気がする。

年齢に関係なく、死ぬまでロマンは感じないと

人間で生きている価値がないと思う。

ロマンこそ、人間にしか与えられていない

宝だと思う。

 

芸術家は、そのロマンを演出し続けて

人間の存在価値を繕っていく使命があるような

気がするんだ。命がけでロマンを追求

出来る立ち位置って、芸術家だと思うから。

 

逆に言うと、追求しすぎて五感の世界と

離れてしまい、生きにくくなる仕事でもあるけど。

沢山の芸術家が、それで狂ったり自殺したり。

そのくらい、スレスレなところまでトリップ

してしまうんだよね。

 

本気の制作の時は、気をつけないといけなくて

だから、今、私は毎朝、登山をして頂上の

神社で瞑想をして、武術の練習をして

庭で土いじりをしてる。

 

今、通ってる武術の道場は94歳の長老が

手先だけで、巨体を飛ばしてしまう。

そんな人が開設した道場に通っていて、

身体の中の気を拡大化しながら、それを

コントロールする術を練習しているんだ。

 

その練習を誰もいない山の上で富士山を

見ながら毎日やってるから、パワーが

大きくならない訳ないよね。笑

 

話を戻すと、一番好きな植物。

 

前置きが長くなったので

明日のブログに書きますね。では。

 

Have a beautiful day..............

 

 

2017-4-15

おはよう。

 

庭のアネモネの一つが、昨日までつぼみで

今日、花の形になってたんだ。

 

人間はいつの時点で、「感情」を抱くのかな?

って事を昨日、考えていたんだ。

精子と、卵子にはきっと「感情」というより

あらゆる世界の「データー」が入っていて。

多分さ、卵子が何億の精子の中から1つの精子と

結合する時って、「感情次元」ではなく

あらゆるデーターからの「必然」で

当たり前に結合すると思うんだよね。

 

だってさ、卵子に感情があったら大変な作業

だと思うんだ。一気に、何億の精子が

走ってきて、「結合してください!」って

来るんだよ?感情で判断しようったって、

無理でしょ。

 

で、女の身体の中でデーターの「必然」で

結合した精子と卵子がお互いの持っている

データーを移行し合い、1つの卵となり

なぜか、人間の形になっていくでしょ。

だけど、たぶん、ここでも「感情」は

ないはずで、「記憶」という「データー」

の次元なはずなんだ。

 

10か月経って、突然宇宙空間から出されてしまう

現象。「出産」で、知らない世界へと放出

されるでしょ。たぶんね、この衝撃的な

現象の時に、初めて「感情」が生まれると

思う。きっと「きゃあ~~~~怖い~~!」

という感情が人間の、初めて抱く感情の

ような気がして。

その後、あやされて「ぬくもり」を知る。

 

そこから、色々な「現象」が起きてきて

様々な「感情」が誕生し続けて

「感情」と共に大人になっていき

最後、死ぬときに「感情の世界の旅」の

想い出と共に、必要なデーターを魂に

記録して肉体から離れていく。

その肉体の物質は、気体の一部になったり

大地の一部になったり、、、

地球上の何かしらの物質に分解をされて

地球と一体化していて。

 

生きてから死ぬって、凄くシンプルで

淡々としていて。

思っている以上に、神秘的で

思っている以上に、ちっぽけな事で。

思っている以上に、簡単な事で

思っている以上に、複雑で。

 

だけど、この世界に放り出された瞬間に

感じた「きゃあ~~~~!こわーい!」

という感情が全ての原点な気がして。

 

だからあやしてくれる「愛」をいつも

探して生きるんだと思うんだ。

 

植物に感情があるかどうか。はわからない

けど、愛の言葉、愛を注ぐと明らかに

答えてくる。綺麗に咲き、元気でいて

くれる。

 

庭の土からアネモネの芽が出た時。

アネモネは「きゃ~~!こわーい!」

という感情でこの世界に飛び出して

きたのなら「大丈夫だよ。」って、

愛を注いであげていたい。

 

そんな絵画を描きたい。

今日も、制作を頑張ってるよ。

 

Have a beautiful day.........

 

 

 

 

2017-4-14

おはよう。

 

沢山の人と話をする時、果てしなく

素のままにいると、宇宙の話とか

次元の違う話をしてしまう

から、100人中95人は私に、

食いついてくるんだ。食いつかれる為に

話をしている訳ではなく、

ただ素なだけなんだ。

 

食いついて来た瞬間は、みんな感動して

目を輝かせる。そして、2回会うと、

「 この人は本物か?偽物か? 」の

ジャッジをしに来る。

いつも、「またかよ。」って思う。

 

ただただ、素で生きていて

興味を持たれ近づかれ、勝手にジャッジを

しに来て、心を荒らされる。

実験台のネズミになった気分になる。

 

いつも、「またかよ。」って思いながら

ふざけた答えをわざとしていく。

こんな答えを回答したら、

「あの人は嘘だ。」とジャッジをして

離れてくれるのだろう。と。

 

ジャッジをする眼鏡が偽物の

「大人たち」に

かまってらんないんですよ。

 

何かを「ジャッジ」する前に

眼鏡を磨き上げてから来たら

そしたら、真剣に話をするのに。

って思う。

 

芝田じゅんを心で感じたままに

感じてくれて、心で感じたままに

接してくれたら、キラキラワールド

のナビゲーターになれるし、

そうした人間にしか近づけないんだ。

 

若い世代に大きく伝えたい事。

 

「大人の話は聞かなくてよい。

心のままに、生きて感じていけ。」

 

「大人から受け取った、偽物の眼鏡を

今すぐ床に叩き付けて、壊してしまえ。」

 

キラキラしている目に、偽物の眼鏡を

埋め込まれる前に。キラキラした目に

目薬をあげたい。

それは、絵画という目薬で。

 

そんな感じで。

 

いつも、愛してくれてありがと。

今日も、制作集中するよん。ばいばい。

Have a beautiful day.............

 

 

 

2017-4-13

こんにちは。

 

今日は、晴天で暖かくてうれしいです。

朝の登山の下山の時に、去年の神社の公演に来てくれて

アバンダンティアのジュエリーを購入してくれた

素敵な女性が、山を登って来ていて

「じゅんさん!」と。^^

アバンダンティアのジュエリーも着けていて、

本当によく似あっていて、めっちゃ嬉しかったな。

 

そのあと、庭の手入れをしていたら

イチゴの花が咲いていて、アネモネ、ブルーベリー

のつぼみも、ふっくらしていて。

手入れの後に、バリで買ったコーヒーを飲みながら

お土産で頂いたナッツを食べながら、太陽の下で

ポカポカ庭を眺めていました。

そしたら、蝶々や、野鳥が飛んできて、

全てがキラキラしていた。

 

隣の家のクリエイター夫婦の旦那さんと

「そろそろですね~^^」って会話をして

そろそろっていうのは、そろそろ本格的な庭作り

が始まりますね~て事で、

それから、また庭いじりをしながら

何を今年は足そうかなあ、、、と考えて

いたら、制作室の頭の緊張感がフワフワに

和らいでいて、やっぱり庭いじりは

凄く必要って感じた。

 

秋に植えた球根とかが芽が出て茎、葉っぱが出て

今、つぼみなの。

その庭に色々な生命が飛んできて、遊んで

帰っていくんだ。

ハーブは育ったハーブを摘んで、料理にいれたり

お茶にしたり。

昨年の秋は、たくさんのニンニク球根を植えて

それらも、グングン育ってるから

収穫したら、自家製のニンニクで料理が出来る。

 

この楽しさを知らない人って、かわいそうな

気がした。庭のない生活はもう考えられない。

そのくらい、庭作りって面白いんだよ。

素敵な庭って世の中、沢山あるのだけど

ゼロから自分で作り上げる楽園。

この楽しさって、他にないくらい楽しい。

 

私はお茶を集めるのが趣味だから、

その辺のカフェよりも大量な種類があって、

庭で自分が育てた植物を眺めながら、お茶を

飲む時間は、脳みそがキラキラになる。

 

野鳥たちの家も、作ってあげようっと。

 

幸せ。凄く幸せ。

 

キラキラな季節が始まりました。^^

 

そんな訳で制作は、今日は午後からスタート。

いい感じにいいエネルギーを充満させてます。

今日も、頑張ります。

 

みなさんも、キラキラな一日を。

 

 

2017-4-12

おはよう。

 

霊能力って、ほんとは見えない次元ではなく

超物理的な世界なんだよ。

 

人間って、脳みその10%も

使ってないんじゃないかな。

 

前にもブログに書いたけど

宇宙的な考えだと

 

「1+1=2」

 

じゃないんだよ。

そう、教えている社会の始まりの学校自体が

オカシイ。オカシイ事を真面目に受け取り

真面目に伝える事が社会だから、

この世自体が、大きくふざけた世の中だと

思う。

 

日本の神様はアマテラス様という女神です!

これも、同じ事。

 

何にも疑問を持たないで、記憶に記録する事が

「頭がいい」人。って、判断しているよね。

 

人間の脳みそって、10%くらいしかみんな

使わないで、死んでいくんだよ。

 

20%くらい使う人達は、訓練して訓練して

超人と言われる人達。まあ、最初から生まれつき

20%使っている人もいるけど。

 

%が大きくなればなるほど、「感情次元」から

離れていくんだ。人間っぽくなくなるの。

 

20%以上使っている人って、

何かしらの「創造者」が多い。

 

昨日、「じゅんさんって、本当にストレートですよね。」

って言われて。

 

感情を殺す事と、「感情次元」から離れる事って

全く違う事で。私が超ストレートなのは、単純に

ゲームする程、頭の中が暇じゃないから。笑

 

何もかもが、パズルのピースをはめる感じで

一瞬で、その物質、その人の性質、起きてる

問題、解決をタンタンと頭でデーター化して

凹凸を観ていく。だから、グレーゾーンが

ないんだよね。

 

合わないパズルのピースを無理やり合わせる

世界は、必ず。破滅するから。

 

私も前は、感情次元で生きていたのだけれど

色々な世界で精神修行をしまくって、気が付いた

のが「感情次元」を超えていくと

「リズム的な世界」なの。

 

気持ちのいいメロディーを作る感じで、全ての

出来事が成り立っていて、1音変えただけで

気持ちの悪いメロディーになるじゃない。

簡単に言うと、歌が上手い人の歌を聴いてるか

音痴の人の歌を聴くか。

 

感情次元だと、音痴な人の歌を聴く世界。

そこを超えると、歌の上手い人の世界。

 

余計、わかんないか。笑

 

霊能力を上げるというより、脳みその%を

あげているんだ。=霊能力になる。

 

脳みその%を上げる事に努力しているよ。

天才物理博士の力を借りて、細胞の光をいじり

身体のアンテナを変えているから、テクノロジー

の力もサポートにつけ、

気のコントロールを訓練する、武術の世界も

やってるし。

 

前は、神とは?の世界の修行をしまくってた。

古神道、神道、密教、、、などの

宗教的な精神修行。今はもうしないけどね。

真実は、人間が作った宗教の世界には

見えなかったから。

もっとね、、、神の世界、真実の世界は

思想的ではなく、物理的。

感情次元ではなく、もっと淡々とした世界なの。

 

何が言いたいかって、芝田じゅんは

宇宙に飛んでます。って、事。

 

せめて、50%の域に到達したい。

 

では。

Have a beautiful day..........

 

 

 

 

 

2017-4-11

おはようございます。

今夜は満月。なのに、天気が悪い。

残念だな。月光浴したかった。

雨だから、朝の登山もできなかった。

 

けど、庭の植物たちが雨を浴びて

大喜びしているからいいね。

きっと、この雨が終わり次の晴れ間で

植物たちの成長がグングン伸びてくるでしょう。

新しい花とか、追加しながら小さな

楽園を楽しむんだ。^^

 

先日の、六甲山で想い出深い経験をしたんだ。

六甲山の山頂に、パンフとかにも載っていない

ような小さな美術館があってね。

 

フラッと入ったんだ。そしたら、オーナーの

奥さんが一点一点、作品について説明をしてくれて

その奥さんたちの本業は、ジュエリーのカメオの

研究の人たちだったんだよね。

で、カメオってそんなに興味ないジャンルだった

けど、専門家に話を聞くのってなかなかないから

詳しく聞いてたら、面白い世界だったな。

で。

その美術館は、盲目のひとたちにアートを

伝える活動もしていて、カメオとかを

盲目の学校とかに持っていって、触らせて

アートを楽しませていて。

その流れで、美術館の中に真っ暗な部屋を

作って、健常者の人が盲目の人の体験を

しながらアートを手の感覚だけで「観る」

経験をする部屋があったんだよね。

 

たった、3分くらいの時間の暗室の中だった

んだけど、衝撃的だったな。

目をつむるとか、目隠しとかそういう感覚

ではなくて、目を見開いて見よう見ようとしても

真っ暗な世界。

 

手で触った感覚だけで、観ていく。

 

言葉にすると、軽い感じなんだけど

生まれてからずっと、この暗闇の世界が当たり前で

綺麗な色とか、形とか、風景とか、、、、、

見れないんだよね。

 

こうした人にとって、どれだけ「音楽」が

安らぎの世界になるんだろう。と思った。

だから、音楽家に本当に素晴らしい音楽を

作ってもらい、そうした人達に光を「観せて」

欲しいと心から思った。

ごまかせない音楽になるんだろうな。

 

逆に、耳が聴こえない人達が世の中にいて。

どんなに素晴らしい音楽が世の中にあっても

聴こえない。鳥の声も、風の音も聴こえない

そんな世界。あるんだよね。。。

そんな人達に、素晴らしい絵画を見せてあげたい

と思った。音色や、言葉が聴こえてきて

対話できるような。そんな絵画を描きたいと

心から思った。

 

今日も、追い込みますよ。

 

Have a beautifulday........

 

 

 

2017-4-9


おはようございます。
富士山麓は、やっと春の気候に
なってきて。秋に植えた、
庭の球根から芽が出てツボミが
チラホラ。
来週あたり、本格的に庭の手入れを
しようっと。
庭いじりと、料理が制作中の良い
休憩時間なのです。(^-^)
暖かくなってきたら、庭で採れたての
ハーブを使ってハーブ茶を飲んだり、
ハーブを使った料理を食べたり、
本を読んだり、、、
夜明けには、キャンドルを立てて、
太陽が昇るのを、キャンドルの
光と待つの。凄く気持ち良い夜明け
なんだ。

やっと、やっと、、、長い冬が
終わったーーーーーーー
富士山麓の冬は、寒すぎて
逃げないと無理、、、(O_O)
今年は、あちこちに行く用事が
出来たお蔭で、寒い冬はいなくて
済みました。
次の冬まで、楽園を楽しみながら
制作しようっと。
ていうか、次の冬まで富士山麓に
いるのかな。いきなり、引っ越し
とかなったり。
全然ありえますね。笑

これから、桜が満開になる季節だから
キラキラな日々になるなあ。


ご機嫌な朝です。
Have a beautiful day...



2017-4-8

こんにちは。

 

先日、新大阪から乗り換えで六甲道に

行こうとして、駅員さんに聞いたら

「 NO.13、OK?  NO.13  」

「 OK, thankyou 」

って言いながら、13番線の電車に乗ったんです。

だけど、乗ったのになぜか降りて、

14番線にフワっと乗り変えていて。

そこに何も疑問もなく、六甲道に向かって

いると思って、ふとホームを見ると

「京都」って書かれていて。

頭の中が混乱してました。

同じホームから逆の電車が出ていたんですね。

山手線とか、大江戸線とは訳が違いました。

 

でも、京都についたのは多分ですね、

私と話がしたい人の念力で行ってしまった

に間違いない。今、人間界の次元にいない

からエネルギーで動いていて、そうした

エネルギーをキャッチしてしまうのです。

 

まあ。ちゃんと引きかえせたので

良かったのですが。

 

あ。何で、駅員さんと英語かって、、、

私、日本語しゃべってるのに、どこに行っても

100%外人に思われて、英語で話されるし

美術館のパンフとかもらう時も、

英語のパンフを渡されるんですね。

で、「日本人ですよ。」っていうのが

面倒だから、英語でかえしてます。

日本語喋っても、外国人が必死に日本語を

話している感じがするみたいなのです。

 

そうそう。

 

広島の宮島に、鹿が沢山いて鹿を眺めていたら

鹿が喧嘩し始めて、「鹿も喧嘩するんだー!」

と不思議でした。喧嘩するって事は、

感情があるって事で、思考があるって事で

食べる、寝る、繁殖する、それ以外に

鹿は何を考えながら生きてるんだろう。

って事を考えました。

 

人間の喧嘩とは違って、シンプルな内容

なんだろうな。

 

考えていたら、隣に小鹿が歩み寄って来て、

隣でクンクン泣いていて。

親と離れてしまったみたいで。

 

人間なら、警察に届けるとか放送とか。

親を探す手段は色々あるけど、鹿が

はぐれてしまったら、手段がなくて。

 

私も、せつなくなりました。

 

宮島でも、六甲山でもミラクル現象は多発

してました。それは、また書きたくなったら

かきますね。

 

そんな感じで。色々いい感じにエネルギーが

循環しているので

制作引き籠り再開してます。

 

Have a beautiful day......

 

 

 

2017-4-3


おはようございます。

写真は、昨夜ついた
神戸の六甲山。
夜景が、綺麗です。
ベッドは2つ、
周りはカップルだらけ。
の中、、、女1人。
まあ、いつものことなので
何にも気にならない。
気にならなくなったのはいつからか。
慣れたらヤバイことなのかも
知れないけど。笑

そんなことより、今日はある
場所で瞑想して細胞に
エネルギーを入れ込みます。
マニアな場所だけど、磁石の
ように引きつけられた場所。

どんな言葉、映像が見えるかな。

では。
Have a beautiful day......



2017-4-2


おはようございます。

写真は最初の2枚が昨日の朝
弥山に登ったモノ。
次の2枚が、夕方から倉敷に
来ているから、美顔地区のモノ。

弥山では隠れた
最強パワーのある場所があって
昔、訪れた時にすれ違った
霊能者に教えてもらった場所が
あって、そこで瞑想したら今回も
色々と神が話をしてくれたよ。
その場所とは、興味あれば
聞きにきてね。

写真の鍋は、空海がつけた火が
今でも消えてなくて、その火で
水を沸かし、それを飲める場所だよ。


倉敷も大好きな場所で、2年前にも
来たのだけど、やっぱり良いね。
美顔地区を日が暮れてから歩くと
凄く心地が良いんだ。
基本的に、私はお酒を飲まないの
だけど、倉敷の美顔地区に来たら
いつもカクテルを一杯。
なんて、平和な時間なんだろう。

今日は、大好きな美術館で
学びの時間。
今、制作している自分の絵画と
世界のトップの絵画を照らし合わせて
ショックを受けまくる時間とも
言いますが。笑

大原美術館のコレクションは
凄いからね。勉強になるんだ。

では。
Have a beautiful day.....



2017-4-1


おはようございます。
今ね、広島の厳島神社にいます。

昔、小学生の時に半年間住んだ
場所が広島。
あのまま、住み着いていたら
どんな人生だったのかな。

この2日間、聴いてる音楽は
Radwimps。天才バンド。

新幹線の中で、考えていたこと。

香港で買ったチョコ→原産はドイツ。

広島のゴミ箱に入る予定。


六本木で買ったエビアン→原産は

フランス。広島のゴミ箱に入る予定。


アメリカ育ち芝田じゅん→原産は

奄美大島。ゴミ箱の場所は未定。


世界は広く狭い。


空海は、何を考えながら弥山に
いたのかな。
この世界は、パラレルワールド。
時空を超えて、空海と対話したい。

自分が作り上げた「固定観念」を
作っては破壊、作っては破壊。
この世界はパラレルワールド。
破壊しなければ、別次元に飛べない。

Have a beautiful day...


2017-3-29

こんにちは。

 

7歳の時、はじめて日本に来てからずっと

側にいる「龍神」の魂を持つ人がこの地球上に

存在していて、その人と繋がる事で光の世界に

行けるんだ。

 

こう、信じてこれまでの人生の軸があって。

この軸が全ての人生を作り上げていたんだ。

 

見た目から長年、恋人を作らない事を

怪しがられて、「バツイチですか?」とか。

「レズビアンですか?」とか。

 

見た目から、なんかある。っていつも

怪しい目で見られる。

なんもなさすぎるくらいに、

なんもないんですけどね。

 

10代は、婚約した相手がいたけど

自分のせいで婚約破棄。

めっちゃいい男でした。すんませんでした。

 

20代は、龍神を探す旅で煩わしい恋心を

カワス為に「私は同性愛者です。」と言い

男性を近づけさせなかった。が。。。。。。

逆に、本物のレズビアンに追いかけれ

色々面倒があり、言わなくなった。

 

30代は、近づく男性に単刀直入に

「貴方は龍神ですか?」と聞くようになり。

相手が、どう接していいかわからなく

フリーズするようになり結果、ずっと独身。

 

30代後半になった今。

7歳の時から探していた龍神が、いるかいないか

と言えば、いる事に間違いなくて。

だけど、居場所が違った事に気が付いた。

 

自分の細胞の中の飛び交う光の中の扉をひらくと

別の世界に飛べて、そこの世界にいたんだ。

 

そこは人間の世界のようで違うんだ、

別の言語を使い、見た目も人間に近いんだけど

違うんだよね。

 

今、その世界にいます。

 

描いてる絵画からも、その世界の言葉が

飛んでくるから、確実にそこのエネルギーは

入れられているんじゃないかな。

 

たぶん、霊能力が高い人がこれらの絵画を見ると

聞こえてくると思うし、会話ができると思う。

音も聴こえてくるんです。

 

まだまだ、発表はしないけど。人間世界では

秋ぐらいには、何かしらで発表出来たらいいな。

急ピッチで制作しても、秋になるだろうな。

今回の引き籠りは、最低半年。

 

神様を追いかけて、神様の世界にチャンネルを

全開に置いてたら別世界に行きついたんだ。

 

リアルなパラレルワールド。

 

肉体次元といったり来たりで、エネルギーを

かなり消耗しているから、ちょっとエネルギー

チャージしようかな。

 

脱皮するために、少し荒れていた皮が落ち着き

新しい皮膚の感触を楽しんでます。

いつも、見守ってくださりありがとう。

 

 

 

 

 

2017-3-27

こんにちは。

 

7歳の時に初めて、日本に来て

その時から「龍神」と共に生きている事を

感じていて、それは自分ではない外部の

世界にいる龍で、その龍の魂を持つ人が

この世界のどこかにいて、その人と何かを

共に生み出す事が見えていて。

 

ずっとずっと探していたんだ。

自分の片側を。

その片側がいなければ、自分の宿命を

生きれないと思い、その片側と出会うために

魂の禊をひたすらしていたんだ。

 

引き寄せる力が異常に強いから、次から次へと

龍の魂を持つ人が現れては消え現れては消え、

まるで、難解なパズルのピースを幾千の粒の

砂場から探し出すような、そんな気の遠くなる

ような旅で。

 

昨年、10月22日で神社の公演を終えてから

何かが急速に動いていて。

 

それは、完全に11月に出したアバンダンティア

の力もあるのだけど。

魂が本当に行かなくてはいけない場所に行くために

色々な人や環境をぶつけられながら、

強烈な出来事をぶつけられながら、

この人間世界にある意味【見切り】をつけさせられて

いて。そうだね、【見切り】をつけてる。

 

これまでの人生が【フィクション】のような。

これまでの視界や、思考が【フィクション】のような。

 

外部の人間を探していた旅が、フィクションで。

自分の細胞の中の遺伝子の光に答えがあった。

探していた、【龍神】がいたんだ。

 

人間世界に【見切り】をつけた自分が、

ずっとずっとつけている、足枷を外された感じで

解放されているんだ。

 

人間世界に対しては、龍神のパワーを探すのではなく

自分の遺伝子の中から感じている龍神のパワーを

作品に落とし込み、

それに対しての人間世界の反応は、

なるようになればいい。

外部からの期待さえも、なんでもよくて。

今は、解放された自分の遺伝子の光と遊んで

いたい。

解放された世界から、起きてくるこれからの

人間世界の【現象】はガラリと変わってくると思う。

 

この世はパラレルワールド。

 

 

 

2017-3-24

おはようございます。

自分が、過去の自分の制作を
遥かに超えた作品制作をする
為に必要な環境、言葉、人。
それらが、絶妙なタイミングで
与えられているの。

多分、これが宿命と運命が
重なり始めた次元の流れなんだ
ろうな。と、思う。

女性を通して、宇宙から人間に
なりたい魂が、赤ちゃんとして
お腹に入り、出産されるように、
今、私という人間を通して
この世に生まれたい作品の
エネルギーが、私に直撃して
いるような感じ。

その受けるアンテナが、まだ
クリアーになっていないから、
武道の世界に自分の身を入れて
更に集中力を高めないと。
と、思っていたら素晴らしい
道場と出会った。

来月から、自分の中の「気」の
コントロールを高めていくために
武道の世界に、また入るよ。

もっともっと、次元を超えて
更にクリアーな光を絵画に
落とし込めたい。

色々、抜けてきた。



2017-3-20

おはようございます。

いい感じに飛んでます。
けど肉体次元は、大変です。笑

簡単に言うと、自分の体がラジオを
受信するアンテナだとして、
全開に、爆音でピンとを合わせる
訳なのですが、一瞬でもズレない
集中力を長期維持するのは、
肉体次元はヘトヘトになるのです。
頭はずっと痛いし、身体が全身が
アンテナだから、全身が緊張感が
ずっと続くし
もし、一瞬でもピンとがズレたら
別次元、低次元の霊界から大量の
情報が流れてくるから、混線
状態になるから。だから、交信が
ズレないように、集中していて。

例えて言うと、長い長い綱渡りを
歩いてる感じ。

だけど、歩く綱を与えて貰え
ているから、創造する魂としては
ありがたい事なんだ。

朝は必ず登山をして、山頂の秋葉神社
で瞑想をすると、1日1日がリセット
されて、混線が少なくなる。

人間世界から離れているのは、
あらゆるエネルギーを背負った
人達と接すると、今は混線して
しまったり、エネルギーが流れたり
だから、引きこもってます。
まだまだ、先が長いです。
ヤドカリ芝田。





2017-3-19


おはようございます。
写真は朝の登山の山の頂上から。
自然界はいちいち、綺麗だよ。

代々、受け継いだ世界を神の世界
とマインドコントロールを受け、
そこに疑問を持たない人間世界に

そうしたアレコレを、歴史や
人間欲、イメージの世界を全部
飛ばして、魂の記憶だけを辿る
と何が見えるのか。

興味ありませんか?
今、描いてるから待ってね。

これらの絵画は、人間世界では
論議の対象にならない絵画で。
なぜなら、論議する人間の魂が
その世界を見える魂であるのか?
と、いうこと。

頭を真っさらにして、無の世界に
入り、これらの絵画をみたとき、
もしくは、直感的に、これらの絵画
を見て、懐かしさを感じられたら
その人も、私と同じ星から来た魂
なんだろう。


まあ、そんな訳で。
いい感じに、人間世界から離れて
ます。飛んでます。
もっと、飛びます。


2017-3-16

 

こんにちは。

今朝の登山で、頂上にいる神様と

太陽と月の事を話したよ。

 

太陽=光の中にも闇

月=闇の中の光

 

太陽には黒点があって、その1点の闇が

光を発信する為に大事な1点で。

 

月は闇の中に浮かばないと、光らない。

 

この地球上には、闇と光は表裏一体で。

 

だけど、これからは【光の中の光】の時代。

 

太陽信仰。

月信仰。

 

それらの信仰により動かされていた時代が

終わり。次は、光の中の光の恒星の時代に

戻るんだ。

 

その恒星については、絵画で語るよ。

まってね。

 

今日も、身体の内部の細胞が光ってるんだ。

キラキラ細胞が光ってる。

 

人間世界にも、恒星と惑星があって

恒星は自らの内部から光を発信する者。

惑星は恒星の光により光を受ける者。

 

全ては大きな宇宙の中の役割で、

全ては大きな宇宙の一部なんだ。

 

神様ありがとう。

あと、見守ってくれてる人達にも感謝。

 

 

 

2017-3-15

おはようございます。

 

写真は、今朝の山登りの時の写真です。

昨晩、雪が降り。朝に晴れた、私が

大好きなパターンだったので、ワクワク

しながら登りました。

3月の雪は好きです。3月~11月はずっと

ご機嫌がいいです。笑

途中で、猿の足跡がありました。

かわいかったな。。。

 

24時間、キラキラできる貝殻を整え、

引き籠り制作がキラキラしてます。

 

どうか、この制作が終わるまでは

闇が来ないように神様にお願いをしてきた。

今は、光の中で光と戯れながら、

闇の世界の記憶をどこかに置いておきたいんだ。

闇には今は、そっとしておいて欲しい。

 

私ね、年間で何回も旅に出るのだけど

余程必要なモノじゃないと、買わないんだ。

だから、どこかに行ってもお守りを1つだけ。

とか、買い物がその程度なのね。

で、先日行っていた奄美でも加計呂麻の塩と

空港で何気に手に取った、CDを想い出に買ったんだ。

 

城 南海(キズキミナミ)という奄美出身の

歌手のCDで。制作の時に昨日もブログで書いたけど

Atelierで流す音楽ってかなり重要になってきて

なかなか、波長が合う音楽に巡り合わないのだけど

たまに、鬼束ちひろさんみたいにずっと変わらず

波長が合う歌手の方もいて。

キズキミナミさんの波長は合うかな?と、

「月下美人」というCDを買ったんだ。

 

1曲目に「晩秋」という歌があってその歌詞に

「 つぎの季節を向かえるために 余計なものなど

この身から剥がし 次の季節で笑えるために

静かにただ見つめて 」

 

っていうフレーズがあって、奄美の空港で

東京に向かい冬の冬眠から帰る今の自分に

ぴったりな音楽で、朝、起きた時に聴いてるよ。

 

月下美人のアルバムは6曲目と7曲目以外は

全部素敵な楽曲だから、買って聴いてみてね。

って。同じ故郷だからってヒイキ。笑

う~ん~じゃないな。奄美からの宝石だから

聴いて欲しいんだ。

1曲目の晩秋以外は、12曲目の「祈りうた」も

素敵なんだ。

あと、4曲目の「月下美人」も波長が凄くあう。

素敵な曲だよ。

 

今日も、体の細胞と魂の記憶がキラキラしています。

祈ってくれてありがとう。

 

 

 

2017-3-14

こんにちは。

 

さっき、朝の山登りの時に野生の猿の家族と

すれ違いました。お父さん、お母さん、子供2人。

この冬をどこで越して、どうやって生き延びたんだろう。

-10度の時は、どこで暖を取っているんだろう。

 

野生の世界は色々と不思議です。

 

一昨日くらいだったかな。山の上の秋葉神社の

神様と対話していた時に、色々とお話しをして

くださって。16歳から探していた

「光の世界」「真実の世界」の扉をまた開いて

くれた感じで。

 

どれだけこの追求にストイックに歩いてきたか、

この追及に全てをかけてきたと言っても、神様は

「そうだよね。」と言ってくれると思う。

まあ、だから色々と話をしてくれているんだと思う。

 

このディープで深すぎた長旅は、光や真実を観る

為に感じる為に、

 

「どこか」という場所を捜し歩き。

「誰か」という人を捜し歩き。

 

これも違う、この人も違う。。。

その繰り返しの旅のような気がした。

そこに何も疑問を持たずに、旅を続けていたんだ。

つい、3日前まで。ずっとだよ。笑

 

良くも悪くも、強烈な引き寄せる力が

もの凄く強いから、色々な強烈なモノ場所を

引き寄せながら、光、真実を探していて。

 

環境とか、人とか、場所とか、、、

何かが違う、何かが違う、、、、その

繰り返しで。その追求に何も、疑問もなかった。

絶対的な確信もあり、その旅をやめる事は

考えてもなかったんだよね。

 

それは、ストイックで暗闇の中を彷徨う

道で、だけど間違っていない道のりで

その道のりの中で、原石が粗削りされながら

丸い球となる道のりでもあったと思うんだ。

 

だから、神様とこうして色々と話を出来る

ようになったのも、この暗闇の長い道のりの

おかげで。

 

16歳~30歳くらいまでは、その闇に飲み込まれ

物体は生きているけど、死を生きていたような

気がする。そこからも、闇なんだけど

そこからの闇は、針の点くらいの光が差されて

いたから、歩けば必ず光の世界に行ける

確信があったから、さらにストイックに

なってた。

 

この長い長い旅を、近くで

「理解できないながらも」

ずっとずっと、支えてくれているのが

母親と姉。

 

2人は私とは全く違う人格、人種だから、

私のこの長い長い旅の行先とか、なんで

苦しみ、もがいているのかとか。

理解が出来ないし、トバッチリもかなり

受けてるし。笑

だけど、私を信じてずっとずっと支えて

くれているんだ。

 

芝田じゅんが芝田じゅんとして、こうして

立っていられるのは、長い長い暗闇の

中で時に見失い荒れ狂う私の姿を見ても、

どん底の私の姿を見ても、

どんな私を見ても、ずっとずっと

愛し続けてくれていた、母親と姉のおかげ。

 

あとは、真っすぐに向き合い、

突き放されても、突き飛ばされても

その針の先くらいの光の存在を

見せてくれていた神様の手を

離さなかった。だから、神様はこうして

受け入れてくれているんだ。

だから、神様のおかげ。

 

あとね、精神を支えてくれていたのが音楽で

山の中に入り、数か月の精神修行の時も

寝る前にヘッドフォンで聴いてパワーを

貰い、つらい制作の時にいつもAtelierで

その人の音楽を流しながら、

パワーを照らしてくれている音楽家がいて。

デビュー当時から、つらい時はその

歌声を聴いて、彼女が頑張ってるから

私も頑張る。会った事ないけど、ずっと

作品で支えてくれている、鬼束ちひろさん。

彼女が一回、豹変して作品も豹変した時期

もあったけど、また最近復活している

から、彼女が頑張っているから私も頑張る。

と、作品を聴きながらパワーを貰ってる。

たぶん、同世代だし見ている世界が近い

んだと思う。

だから共鳴し続けているんだと思う。

 

自分も、自分の生み出すエネルギーから

芝田が頑張っているから、自分も頑張る。

そんな風に自分の存在が、誰かの生きる

エネルギーになっているならうれしい。

 

あと、ずっとずっと見守ってくれながら

祈ってくれているみんなのおかげだよ。

祈りの力はいつも風を運んでくれているんだ。

 

「どこか」とか「誰か」とか。

そういった外部の存在に意識を置く旅を

終えさせて貰って、これからの旅は

なんか、体の内側にワクワクする粒子が

飛び交っているんだ。

3日前までの自分と、今日の自分の見えてる

視界が明らかに変わってきた。

 

これから見えてくる世界も明らかに変わる

感触が、時空を超えて感じるんだ。

 

いつも、ありがとう。

 

 

 

 

2017-3-13


おはよう。
アトリエの隣に小山があって、
その山の頂上には男女の銅像
があり、秋葉神社があるんだ。

不思議な縁だなって思う。
知らずに、この場所へ来たのに
祖父の芝田の出身の、加計呂麻島
の芝で大事にされているのも
秋葉神社で。祖父が他界した
理由も秋葉神社が関係したりして。

制作期間は、出歩かないから
運動不足解消の為に、この小山を
登り、瞑想。
美しい鳥に会ったり、リスがいたり。

もうすぐ春が来る匂いがしています。

昨日ね、瞑想をしていたら
昨日blogに書いた、
「 闇の中の光。死の中の生。」
この次元ではなく、

「光の中の光。」
今回の制作では、
この世界を旅することになるみたい。

てっきり、「光の中の光。」の
世界は、人間世界の目に見える
世界で起きてくる、現象かと
思っていたら。自分の魂の
世界のことで、制作を通して
魂の光の世界を旅することに
なるみたいなんだ。

その光の世界の旅が終わり、
そのエネルギーをキャンバスに
描いて行ったことにより、
光の絵画となるんだろな。

自分が思っていた光の世界とは
逆だった。

外部から、光が射し光の絵画を
描くのかと思ったら、
内部から光が見え、光の絵画を
描くのだった。

だからこそ、その光の絵画を
描いた後の、外部の人間世界が
これまでの「闇の中の光」の
世界と違い変わるんだなぁ。

で、描いた後のことを何も考えて
ないのは、今の自分の価値観とは
違う価値観の世界を引き寄せる
ことになるから、今は、
先のことは、考えても答えが
出ないから、考えなくていいんだ。

次元が変わるってそういう
ことなんだ。

この世界は、パラレルワールド。

うん。納得。

ワクワクしてきた。

やっぱり、秋葉神社の神様と
対話すると的確に答えてくれる。

さあ、、、楽しくなってきました。
引きこもり貝殻も整えたし、
ヤドカリ芝田。
光の世界にダイブ。ドボーン。

いつも、ありがとう。



2017-3-12


おはよう。
今ですね、制作に入る前の
場所を改装していて、色々な
モノを捨てたり、組み立てたり。

そんな中、この前奄美で摘んで
きたキンカンを、甘露煮に
してみたよ。砂糖も、もちろん
奄美の砂糖を使って。(^-^)
美味しく出来ましたー

制作期間の気分転換は、庭の
土いじりと、料理。
一度、庭のある生活をしたら
庭のない生活は考えられないですね。

それくらい、土いじりは楽しい。
土と、料理は隣り合わせだから
料理も楽しい。
今日は、昨年から作ろうと考えて
いた、カレーに挑戦しながら
作業をするよ。(^-^)

制作期間は、引きこもり期間。
分厚い殻をまずは、作り上げ
その貝殻の中に入り、その
分厚い殻で出来た、貝殻の中
の何もない世界から、生み出す
んだ。

今回みたいな、制作は2010年
ぶり。あの時の自分を超えないと。
遥かに遥かに、超えないと。

私がこうして、集中出来るのは
沢山の応援者のおかげで、
特に、母親は凄いんだ。
「じゅんちゃんが描く絵を待つ人が
いると思うと、応援に張り合いが
出るから、だから、ありがとう。」

って言いながら、引きこもり期間に
1週間に一回くらいのペースで、
食材を送ってくれる。おかげで、
スーパーとか全然行かないんだ。

自分の母親ながら、こんな愛の人
なかなかいないし、この母親だから
画家でいられる。母親の愛は、
間違いなく奄美の親族の中で、
育てられた愛だから、こんな
母親になってくれたこと、先祖に
感謝。

精神的な部分での支えも、色々な
友人がいてくれていて、自分では
見えていない、自分を
伝えてくれたり。

砂漠でオアシスに向かいながら
歩く人を、スレスレの精神まで
持っていき、頑張る人に例えると。

歩く横を
エアコンが効いた高級車を乗り付け
窓越しに、
「頑張ってくださいね〜
今の気分はいかがですか?
何が見えていますか?」

と、ミーハー的なノリで近づき
綺麗な言葉を並べながら、自分の
得するネタを
求めるマスコミ系の応援と。

今、必死に歩いているから
そっとしてあげて、
そっと水を置いておこう。
とか、
本人が見えてない、先の道の
情報を与えよう。とか。

無事にたどり着く為に、祈って
いようとか。
そう言った魂に滲む、本当の
活力に変わる応援の仕方がある。
こうした応援は、愛を感じるよね。

精神をスレスレまで持っていき
限界を何回も経験した人は、
人の応援の仕方に、思いやりが
あって、
そうした経験がない人は、
ただのミーハー的な応援になる。

自分の過去を振り返って、
精神をスレスレまで持って
行きながら歩く人を、何回か
見て、果たして自分は的確な
応援をしてあげれたのか?

なんか、大事にしたい人を逆に
追い込み煩わしさを、与えた事
もあるんじゃないかな。
頑張って必死に歩いている人に
「頑張ってー 頑張ってー」って
言葉は、逆効果なんだよね。

自分が、久々に追い込み体制に
入り、自分の過去を振り返って
反省とかしてる。

人を応援って難しいね。
今ならあの時、あーしてあげれば
良かった。とか、大事な人を
支えられてなかった自分が
見えてくる。

この制作期間で、また沢山の自分を
脱皮しながら、脱皮している
最中は「死にたいー」
「もう限界ー」って
何度も思いながら、生み出して
行くと思う。

なんで、こう。
生は死を見ないと生が生まれず。
光は闇を見ないと光は生まれず。
なんだろな。

アーティストだけでなく、
何かを生み出す、創造者にしか
わからない世界。

昨日、アイヌ人に興味ある。
って書いたけど、
あらゆる、創造者にも興味ある。
制作が終わり、また殻から出たら
あらゆる世界の、スレスレで
作り上げた経験がある創造者と
会って話がしてみたい。

芝田さんと話をしていると、
アスリートの人と話をしてる
みたい。って言われる。

創造する事と、アスリートは
精神構造は近いんだろな。

さあ。今日も引きこもりする
為の貝殻を整えてます。
ヤドカリ、芝田。

いつも、祈りをありがとう。