6/27

おはようございます。

 

写真は、昨日のご飯。庭のJUNE berryと、

コリアンダーの花をサラダにトッピングしたよ。

かわいいでしょ?^^

 

そろそろ、ガーリックを収穫しないとだけど

雨が続いているから、なかなかタイミングが

ないー

ガーリックを収穫したら、そのまま生のまま

オリーブオイルで素揚げしたらめっちゃ

美味しいって。旬の味。^^

楽しみだな。^^一瞬だけ、2日くらい晴れないかな。

 

昨日、神のいう事か、自分の感覚。

どっちを取るか悩んでるって書いた内容。

 

そろそろ、決めなくちゃだったからもう一度

ちゃんと瞑想をしながら聞いたんだよね。

そしたら、やっぱり同じ事を言っていて。

 

えーその手法を入れるとやりすぎじゃない?

って思いながらも、言う通りにしたんだよね。

失敗したら、何もかも全滅だったんだけど

賭けに出た。笑

 

そしたら、絵画が活きてきたんだ。

 

これまで描いて来た作品に、言われた手法を

足しながら、へーこういう感じが良かったんだー

って、自分が描いてる作品なんだけど、

全てが、交信しながら描いているから

「へーこういう感じがいいんだね?」って

まるで他人感覚。私は、神と言われる

あるエネルギー体の為に動いている訳で

その手足が私であり、自己表現って感じ

の感覚ではないんだよね。

 

だから、これを発表する時の事とか

その後の事とか。それまでのプロセスが

自分なんだけど、自分を通して神と言われる

エネルギー体が人間世界に私という女を使って

エネルギーを降ろしていきたいみたいで。

なんか、全てが映画を観ているような感じ

なんだ。

そのエネルギーを降ろせるために、

芝田じゅんが色々な経験を意図的にさせられ

ながら、スパルタ的に絵画を完成させられて

いる。そんな感じ。

 

じゃあ、それが芝田じゅんなのか?って事は

それが、芝田じゅんなんだと思う。

 

見えないエネルギーを動かしたり

違う次元と交信が出来るのが自分の姿で。

それをフル活用しながら、描いているから

シャーマン画家の仕事を真面目にしているよ。

 

神は私をどこに連れて行きたいんだろう。

いや、きっと私の事は何も考えてなく、

神がどこに行きたいのか。だな。

そこで、何を見せてくれるんだろう。

 

これを、発表したらあきらかに

人間世界の色々な事が変化してくるなー

 

12月4日~9日。銀座。

楽しみにしてね。

 

 

 

 

6/26

おはようございます。

 

1週間、色々な用事が重なり。忙しくて

アトリエに戻れなくて、庭の植物たち大丈夫かな?

って思っていたら。丁度いいタイミングで雨が降ったり

止んだりしたみたいで。みんなすごく元気に

大きくなってました。

 

JUNE berry。六月に赤い実が生る木。

鳥とか虫とかに食べられるんだろうなーって思っていたら

綺麗に赤い実が生ってた!凄く嬉しい。^^

味は甘酸っぱい感じ。ジャムとかにしたら美味しいそう。

 

イチゴは、綺麗に大きく成長したイチゴが赤くなる前に

全部!虫に食べられていて。犯人を捜してたら

甲羅の大きく固い虫の親子が、イチゴのエリアに住み着いて

いて、赤くなる前のイチゴを全部食べてたから、

写真すら撮れなかったのだけど。

その親子を遠くの山に、移動してもらって様子を観たら

赤いイチゴが出来てた!!!嬉しいな。^^

 

1週間、制作が出来なかったから、気を入れ替えて

ラストスパートかけないと。

 

この前、宮島に行って瞑想した時に聴こえた言葉が

あって。絵の描き方の具体的な手法について。

それを、まだ取り入れてないんだ。

それを取り入れると、ガラッと絵画の雰囲気が変わるから

今、綺麗にまとまっているスタイルを大幅に崩す事に

なるんだよね。

この3か月の積み重ねてきたものを大きく崩すか、

安定したこのスタイルを維持するか。

 

今、神の言う通りにするか自分の感覚を信じるか

悩み中。

 

絵画が更に良くなるか、失敗に終わるかの大きな

分岐点に入ってる。う========ん======

 

神を選ぶか、自分の感覚を選ぶか。

 

悩む。

 

 

 

 

6/22

おはようございます。

写真は、昨夜の断片。
六本木ハイアットが大好きな私。
「今日は沢山食べなさい!」
って。ハイアットのオークドアで
美味しいステーキを
ご馳走になり。(^o^)

かっこいい内装の
会員制BARで、楽しい会話を
過ごした一夜。

楽しいなあ。(^o^)

さあ。また、山に帰って
ラストスパート頑張る。
力を抜いて、また入れて
呼吸するように、空を飛ぶ。



6/19

おはようございます。

 

写真は、庭で育ったコリアンダーの花と、チコリと

イタリアンパセリとシソを添えた、リゾット。

コリアンダーの花って、しっかり味がついてて

美味しいんだよ。^^

 

料理は、凄く気分転換になるから楽しい。

 

今ですね、、、

かなり。精神修行な日々で。

 

朝は山登り、頂上で武術と瞑想。

そこから下山して、頭を飛ばしながら制作に集中。

これを、3か月間続けているのですが。

人と話さない日々でしょ。都内に降りたら

沢山の人と話をするけど、下山するのは2週に1度

とかだからほぼ、人に会ってないんです。

 

そうしないと、描けないシリーズだから俗社会から

離れて制作しているのだけど。

 

幸せか幸せじゃないか?って聞かれたら「幸せ。」

苦しいか苦しくないか?って聞かれたら「苦しい。」

 

芸術家は何もない所から、強い何かを生み出すのが

仕事でしょ。料理みたいに、最初に何かあって

それを何かに変えるんじゃなく。

 

しかも、それが趣味ではなく仕事となると、

世の中に影響をさせないと仕事にならない訳であり。

 

まあ。今のアーティストはパクリの連鎖で、

アーティスト気取りしている人がほとんどだけど。

 

芝田じゅんが何で面白いかって、パクリをしないから。

他の人の作品は見ないようにしているよ。

 

これは、一流ブランドの職人と話をした時も

同じで、一流は絶対にパクリをしないんだよ。

 

オリジナルを出せて、初めて一流。

そこにはプライドを持たないと、二流以下。

 

そこは苦しくてもプライドを保たないと、

ある場所に行った時に、突き抜けられないんだ。

 

この精神は10代から続いていて、

 

「じゅんちゃんって、●●みたいだね。」って言われると

それがどんなに有名な方であろうと、

やばい!!!って思って、ハンドルを切り替えてた。

 

芸術家は●●みたいという、前例がある道は

進んではいけないんだ。

道なき道を開拓していくのが仕事。

 

それにはどうしたらいいかって。

 

この世界に「芝田じゅん」っていう人間は1人しか

いなくて。

「芝田じゅん」を表現する事。それが、前例もなければ

他にどこにもない作品となる訳で。

 

結局、答えは全て自分の中にある訳で。

 

だから、今。

 

こうして、山に籠り自分という宇宙をトリップして

現世だけでなく、その遥か前からの記憶を

細胞から抽出しながら、宇宙と交信しながら、

たまに、俗社会に降りて、現世の自分のエッセンスも

入れながら、、、、

 

そんな作業を繰り返してます。

 

けど。

幸せか幸せじゃないか?って聞かれたら「幸せ。」

苦しいか苦しくないか?って聞かれたら「苦しい。」

 

人の為、自分の為に生きてる訳でなく。

「作品」の為に生きているよ。

それが、本来の自分の姿で。それをする為に

「まだ」人間としているんだ。

 

芝田じゅんという宇宙をトリップしながら思った事。

「 芝田じゅんっていう女は、面白い。」

 

いつも、見守ってくれてありがと。

今日も飛びますね。

 

 

6/18

おはようございます。

 

たまにさ。

 

財力、権力、愛、名誉、、、それらが、私よりも

遥かに沢山手にしている人から、【嫉妬】される

事があるんだ。性別に関係なくね。

その嫉妬の延長で、私をつぶそうと働きかける

事もあったりして。そういう経験は何度もあって。

 

潰そうとしても、私には潰れるモノが

何もないから潰れないで、

面倒だから逃げるだけだけど。

 

だけどさ。いつも、嫉妬という感情をぶつけられる

たびに感じるのが、私がまだ手に入れてない

財力、権力、愛、名誉、、、それらを手にしている

人が、何もない私に嫉妬するのは、その4つ以上に

輝く【何か】を私が持っているからなのかな?

と思う。

 

その4つ以上に輝く【何か】って。

私には【魂の叫び】から起きる【創造】しかなくて。

それ以外、私は持ってなくて。

ほんと、それしか私にはない。

 

だけど、もしかしたら、財力、権力、愛、名誉、、、、

それらよりも、【創造】する事が出来るのは

楽しい事なのかもしれない。

だから、4つの全てを手に入れている人から

嫉妬される事があるんだ。そう、感じる。

 

多分ね、大事なのは。

 

打算的に手に入れる「財力、権力、愛、名誉」の道ではなく。

 

「魂の創造」の道から獲得する「財力、権力、愛、名誉」

これが、人間が魂から満足する豊かさの道なんじゃないかな。

そう感じる。

その道を歩いた成功者は、本当に輝いてるし

嫉妬の気持ちなんて、誰にもぶつけない。

この道を歩いたら、誰にもそういう気持ちにならないよね。

めっちゃ満足な道だよね。

 

自分の魂が輝かない道から得た「財力、権力、愛、名誉」

の人は、いつもどこか何かが「満足してない」そう感じる。

だから、魂の創造を夢中でしている人に嫉妬するんじゃないかな。

 

だけどね、、、

 

【嫉妬】の感情は、相手ではなく自分自身の魂が

汚れていくだけだから、嫉妬の感情を抱かなくていい

「自分」の人生を歩けるようにしようね。

 

魂の創造の道は、苦しい道だけど

嫉妬に狂う道よりもはるかに輝かしい道だから、だから。

「自分の魂」と向き合う事。

 

自分の人生、魂にレイジーにならない事。

ダサい人間にならないようにね。

 

ね?わかるでしょ?頑張ろうね。

 

 

 

6/17

おはようございます。

 

写真は、花をつけているのが20歳の時の私。

アメリカでエンタメの仕事をやっている時の

私だよ。

 

仮面をつけているのが、25歳の時の私。

日本に帰国して、スーパーロングだった髪の毛を

坊主にして、少しだけ伸びてカメラマンの作品撮り

のモデルをした時の写真。

 

写真って、その時の自分の時代を思い出すから

後になって、大事な想い出になるね。^^

 

 

これは、2014年の時の私。

自分の作品撮りの時のモノ。

 

今の自分が写真に映るなら、

また別な顔を見せるんだろうな。

 

3月末から続いている半年の集中制作期間。

集中しすぎて、頭がオカシクなるだろうな。

って思っていたから、オカシクなる直前に

気を緩める事を定期的にやってるから、

どうにかオカシクなってないんだーって

思っていたら、今朝。

 

最初からオカシイから、これ以上はオカシク

ならないんだーって事に気が付いた。

 

しかしながら、やっぱり苦しいですよ。笑

 

今の時点で16点描いた作品。

どれもこれも、集中したんだけどね。

半分はボツ。今のところ8枚しか公開できない。

ヤバいなー 

ラストスパート、頑張らないと。

 

時間がない。

けど、焦って描いてもボツになる。

 

今回の作品は、自分の精神のコンディションが

モロに出る作品だから、ちょっとでも

精神が疲れたり、一瞬でも集中力がなくなると

その絵画はボツになる。

 

だから、相当に自分のコンディションに気をつけて

いるよ。

朝は、山登りして神社に挨拶。武術&瞑想から

始まり。制作に集中して。

 

都内に出るときは、必ず人が集まる場所で

遊ぶ事にしている。力を抜くための時間。

 

「 神聖:ロマン:哲学 」の比率が

「 5:3:2 」の自分の制作の上での

最高なコンディションである黄金比を作ってるんだ。

 

人間関係も、煩わしい事、面倒な事、それらを

ぶつけられると、作品に出てしまうから

そういった「感情次元」の空気を感じると

距離を置くようにしている。

 

今は、自分の為でもなく「人」の為でもなく。

「作品」の為だけに生きてます。

 

それを徹底しているよ。

 

では。いつも、見守ってくれていてありがと。^^

頑張るよん。

 

 

 

6/15

おはようございます。

 

私、化粧品とか表に見えない

部分はシャネルが大好きなんです。

 

10代の時から、化粧品は

全部シャネルでした。

 

こんな事書くと、

その辺のシャネラーと同じかー

って思われるかもだけど。

 

 

ちょっと違うんだよね。

 

私、生まれた時から小学校2年生まではアメリカで

普通にお嬢さま育ちだったんです。

家にはプールがあり、天蓋付のベッドだったし、

暖炉があって、クリスマスには本物の大きなモミの木が

飾られ、近所の家でホームパーティをやっていたり。

庭は大きくて、庭の先にはゴルフ場があって、

そこも庭から出れたから遊び場がゴルフ場だった。

 

だけど、家庭内が色々とあって父親とは生まれた時から

接触がほとんどなくて、顔とか記憶すらなくて

小学校2年生の時に日本に突然、来る事になって、お嬢様育ちから一転して、一夜にして

何もない子供になったの。洋服もほとんどなければ

食べるモノもあんまりなくて。もちろん、家もなくて。

日本語も喋れなければ、友人ももちろんいないし

一夜でなーんにもない子供になった。

そこから、少しだけ福祉施設にお世話になったりも

したんだ。

 

小学校2年生の時に、お嬢さまだった子供が

そういった日本の福祉の現状を観て、カルチャーショックが

強くて、現実を受け入れるのが大変だったな。

で、子供心に夢が出来てね。

親のいない子供が集まる施設を、楽園に出来る大人になる。

これが、小学校の時の1つの夢だったんだ。

 

10代の時から、見えない部分である化粧品がシャネルな

理由はそこにあって。

 

シャネルは、孤児施設から世界に這い上がった人で

父親から捨てられた人なんだよね。

父親の愛情がなく育った女性って、父性愛を求めに

行くんだよ。

ただの恋の延長的な触れ合いはただの遊びで、

いつも父性愛を探してしまうんだよね。

 

シャネルが、男性の洋服の生地とか

男性的なデザインに執着をして、そこから

女性が着る服も男性的なデザインに

ファッション業界に革命を

起こしたのも、もし彼女が父親の愛情にあふれた

普通の家庭の女性だったら、革命は起こさないで

普通に誰かの奥様となって、家庭を作ってたん

じゃないかな。

 

親がいなかった女性にとって、シャネルの生き様は

心の「お守り」となってるのは世界共通だと思う。

 

女優で好きなのは、マリリンモンロー。

彼女の生い立ちも悲惨な生い立ちで、やっぱり

孤児施設から世界に這い上がった女性。

彼女が、寝るときに裸のまま

「シャネルの5番の香水」だけをつけて寝るって

話は有名でしょ。マリリンモンローの心のお守りも

シャネルだったんだよね。

彼女もいつも父性愛を

探していた女性だったみたいで。

 

そういう理由から、シャネルが好きなんだ。

 

嫌な事があっても、自信がなくなっても

一人で辛くても、いつもいつも

化粧をする時は、全部がシャネル。

化粧をしている間に、シャネルの生き方を

思い出して自分を奮い立たせる。

ずっとずっと、10代から続けているオマジナイだよ。

たぶん、死ぬまでこれは続けるオマジナイ。

 

マリリンモンローは5番だったけど、

私の香りは、ココヌワール。

 

たまに、寝るとき用に5番もつけるけど。

 

なんで、化粧品とか見えない場所だけかと

いうと、私はアーティストだから。

自分がアーティストだから、自分の名前

以外のモノを身に着けるときは、

ブランドの名前が分からないモノを

身につけないとダサい。

 

だって、例えば私が自分のジュエリーではなく

シャネルのジュエリーを着けてたら

オカシイでしょ?笑

 

まあ。何が言いたいかっていうと。

 

恵まれない子供たちの為にボランティアしています!

っていう「ノリ」の大人になるのではなく。

 

シャネルの様に、自分が自分として生きて

世界に飛び出す事が、親のいない子供たちの

「夢や希望」になるという事。

 

だから、小学校2年生の時に心に決めた夢

である親のいない子供たちの施設を楽園にしたい。

 

物質的な世界はいずれ出来るようになったら

やればいいのだけれど、

私が今やるべき事は、自分が自分として更に

生きて結果を残す事。

 

それが、次世代の親がいない子供の「希望」となるんだ。

私が、シャネルから支え続けられているようにね。

 

そんな訳で、頑張ってるよん。

 

このブログをみている人で、親がいなかった人

いたら、それ自体が神様から与えられた

「原動力」となる「種」

だから、必ず。必ず。花を咲かせようね。

私との約束。

 

その花を私に、自慢しに見せにきてね。

対面が初めてだろうが、そんな事関係なく

誰でも心からハグするよ。

頑張ろうね。

 

 

 

6/13

おはようございます。

今、横浜のロイヤルパークホテルに
います。昨夜は夜景が綺麗で、
ロマンに浸りながら、言葉を
綴れました。

私、気が付けば日本の有名な
夜景の名所に色々と行ってて、
函館、長崎、六甲山。。。

だけど、このロイヤルパークホテル
からの夜景が1番好きかも!と
思いました。
部屋からリラックスしながら
観る夜景は、味わえますね。



これらの写真は、横浜の街を散歩したら
観覧車があり、私、観覧車と
メリーゴーランドは、観ると
必ず乗りたくなるから、今回も
乗りましたの。
しかも〜
普通シートではなく、10台に1つしか
ない、床も天井もシートも全部
透明の、カップルシートに
乗りましたの。ウフッ。

彼氏つきで乗ったのか?!
今、思いましたか?
そこは、ご想像にお任せします。笑

ワタクシ、1人でどこでも行ける人
なの。ウフッ。

では。今日もキラキラで生きましょう。
(^o^)


6/12

 

おはようございます。

 

届きましたの。ワタクシのミカエルが。

お2つ。 ウフッ。

 

左がミカさん。右がエル君。

 

初めてのバラ育成。^^

どんなミカエルが咲くかなあ~~~★

 

今日はこれから、執筆作業に集中したく

横浜の高層ホテルに泊まり、夜景を観ながら

ホテルで物書きです。^^

 

夕方までは執筆内容を頭で、クルクル

しながら横浜をフラッとしているので

横浜にたまたまいる人いたら、

お茶でもしましょ。

 

ほな。行ってきます。^^

皆さんも、ごきげんよう~ 

 

 

(何で、バラが来たら挨拶が

ご機嫌ようになるんだ?!笑)

 

 

 

6/10

 

おはようございます。

ついに。今年も誕生日が来てしまいました。

来てしまったという事は、今日でまた1つ

年を取ってしまったという事。

 

毎年ね、すんごいナイーブになってしまって

いたのだけれどね。今年は、なんか

ワクワクしているの。

 

10代の時から、誕生日に赤いバラを頂く

事が多く。というか、花を頂く時には

必ず赤いバラを頂くんだ。

 

で。今年も、都内の友人が赤いバラを

アトリエに届けてくれたので、

キャンドルとローズティーでバラを

観賞するティータイム。^^

 

 

私ね、10代から花を頂く時、ほぼ100%

の確率で赤いバラを頂くのだけれど、

JUNE=赤いバラ。というイメージが

見た目から雰囲気から、聞かなくても、

この人は赤いバラが好きなんだろう。

って当たり前に思われていて。

 

もちろん、普通に綺麗と思うし

普通に好きだったけれど、特別に好きって

ほどでもなくて。わー綺麗。ありがとう。

って思う一般的な反応であり、

バラ好きな人って、バラしか好きじゃなく

異常反応するじゃない?そういうレベル

ではなかったんだよね。

 

でもね、振り返ってみると2012年辺りは、

花の仕事の延長で、バラ専門店のように

あらゆるバラのアクセサリーを制作販売を

していて。百貨店とかで売り歩いていたんだ。

その時もこの人、どんだけバラが好きなんだ?

って思われていたくらいに仕事がバラだった。

 

でも、その時も特別にバラが好きだったわけでは

なく。流れでそうなっちゃった。

って感じだったんだ。

 

で。去年の今頃は美術館で展示会をやってて

その美術館がバラに命をかけていて、

私が展示していた建物なんて、バラ御殿だった。

バラ好きだったら、天国な世界。

 

まあ。そんな流れから、JUNE=赤いバラ。

のイメージと、なんか知らないけれど

いつもバラに囲まれる。そんな運命で。

 

でもね、、、、、

 

昨晩ね、革命が起きたのです。笑

 

昨晩、頂いた赤いバラを眺めていたら

ものすごーく、赤いバラが好きになったの。

 

若い時って、いつも一杯一杯で目の前の事を

やる事に一杯一杯で、自分の感覚でしか物事を

観ていないから、自分の事を心から好きで

いられなかったりして、自信がなかったりして。

多分、それが若さの印なんだと思うけれど。

 

今ね、決して若くない年齢になって、

だけどマダムという年齢でもなくて。

その上、家庭を持っている訳ではなく

全開に自由気ままな独身貴族だから、

家庭のなんやかんやに追われている

主婦とも違って、なんていうか、、、

 

色々な面で大人の女の余裕と、仕事の事だけを

考えられる「ザ・女!」という自分になり。

 

自分の人生、まるまる大好き。

自分がまるまる、大好き。

 

なんかね、今日ね人生で初めて「赤いバラ」

が一番好きな花になった日であり。

多分、自分が自分を凄く愛しているから

だから、「赤いバラ」も愛せる

ようになったと思う。

 

あとは、赤いバラって。若い女性には

ちょっと強すぎるイメージがあって、

今の自分の年齢が丁度、しっくり

ハマるんだろうなって思った。

 

熟成したワインは若い世代にはまだ早いように、

赤いバラって本来は、熟成したワインのような

そんな立ち位置な花のような気がする。

 

だから、今の年齢になって初めて

「赤いバラってなんか落ち着くー!

 いい花だなあ。」

って感じるようになれたんだと思う。

 

年取ることが嫌だったけれど、

今の年齢って、凄く面白い年齢の時期なんだ。

ってなんかね、ワクワクしているよ。

 

そんな記念の日なので、早速。

「赤いバラ」の木を自分のプレゼントとして

注文しました。^^

届いたら、綺麗な鉢に入れて大事に育てようっと。

人生初なんだ、バラを育てる事。

 

品種は、「ミカエル」という品種にしたよ。

最も、自分っぽいバラだったから。^^

 

これからの人生、一番好きな花は

「ミカエル。」^^

 

まあ。そんな訳でありまして。^^

 

ここまで「赤いバラ」について考えたのは

初めてだったのだけれど、

これからはもっともっと「赤いバラ」の

似合う自分として鋭く、華やかに、強く。

生きていきたいと思います。^^

 

そしてですねーーーーーーーーーーーーーーーーー

なんと。9日の夜から10日にかけてですね。

 

今年は、「ストロベリームーン」という

ピンク色になる満月の日。^^

 

この満月を観た人は、近いうちに

「素敵な恋愛」が待っているんだって。

 

誕生日に綺麗に観れるって、

天からの誕生日プレゼントだね。^^

 

ロマンですね。

ウフッ。

 

しかもーーーーーーーーーー

UFOを観たし。

 

でもUFOには、まだ人間世界でやらないといけない

事があるから、まだ乗船できないんだって、

ちゃんと断ったよ。

 

では。これからも末永く見守っていてください。

いつも、ありがとう。

 

 

6/8


おはようございます。

昨日は椿屋のコーヒーで朝が
始まり。
夜は、葉巻で終えた。

そんな1日。


都内に下山すると、1時間単位で
予定を詰めていくから、ハード
スケジュールだけど、そんな
中でも、武術の道場には行ってる。

中国の4000年の歴史がある武術で
60年前に、中国の人間国宝の方が
日本に国から派遣されて、伝授
しに来て、その日本の一番弟子が
巨大な道場を都内に開いて
中国武術の秘伝を伝えている道場。

幼い頃は、剣道の道場に通い
2段まで取得したんだよ。
後は、華道は師範を取得して
教えてた。

今は中国武術の研究。
なんかね、違うんだよね。
やっぱり、4000年の歴史って
凄いんだよ。

下山して、世の中の空気を見たり
色々な情報が入ってくる訳なんだ
けど、凄く危機感を感じてる。
今の日本の「 感覚 」に対して。

具体的には、う〜ん〜

なんかね、自分が芸術と言う革命家
の仕事を、神様が指名してきてる
理由が、下山すると良く見えてくる。

時代に危機感を感じてる。

関係ないけど、私ね。
お酒もタバコも吸わないの。
葉巻は別の世界なんだ。

コーヒーを飲むなら一杯1000円以上の
コーヒーを頂く。
葉巻を吸うなら、コイーバかダビドフ
をゆっくり味わう。
20代からそーいう感覚。

「 とりあえず 」ドトールでいいか。
「 とりあえず 」安いタバコ。

そーいう人間って、社会の
「 とりあえず 」人間になると思って
いて。「とりあえず人間」に
育て上げられた大人の人生は
とりあえずな人生となっていく。

魅力的な人生じゃないよね?

私が若い世代に伝えているのはね、

ドトールのコーヒーを10杯飲むなら
一流ホテルのコーヒーを1杯飲みなさい。

1万円を使う時、1000円のモノを
「とりあえず」10つ使うなら、
1万円を1つだけ、10000円考えて使いな。

そうしたら、人生変わってくるから。
感覚が変わってくるから。

そう伝えてる。

なんかね、下山して人間世界を見ると
時代に危機感を凄く感じる。

今日もバタバタな1日だー笑






6/6

おはようございます。

 

昨日は、ハーブチキンが食べたくなり。

10種類くらいのハーブに前夜から漬け込んだ

チキンを焼いて食べたよー

 

たまに食べたくなります。

 

昨夜。ジュネーブにいる友人から電話があり

私の声のバロメーターを聴いて

「今、追い込み過ぎてない?」って。

会話が終わる時に

「いつものジュンに戻って安心した。」って。

 

私を元気づける為に、楽しい会話を

してたんだーって

そんなちょっとした、人間愛に泣けた。

 

何でブログを朝に書いてるかというと。

夜は、制作に集中した後で抜け殻になっていて

言葉を発信する気力がなくて、

会話すら気力がなくて出来ないんだよね。

で、夜に電話とか入ると、ヘトへトな声で

いるわけです。

 

朝になると、また復活していて

言葉を並べる気力がありこうして、ブログを

書けるし、強気な発言を連発したり、

エネルギーを絵画に入れ込んでいます。

 

山の中で一人ぽつんと。

 

制作だけに向き合う環境で、アーティスト

としては集中するのに凄く良い環境で、

だけど、人からはそんな孤独な事に

良く耐えられるね。って言われる。

 

そのたびに、孤独ってどんな感情だっけ?

いつから、孤独の感情が私にないんだろ。

 

って。考えたりする。ほんとに、

孤独とか、寂しいとか。そーいった

感情が綺麗になくて、まあ、、、

じゃないと、山の中に一人ぽつんと

制作だけをやる生活を作らないでしょ。

 

昔は違ったんだよ。

孤独に耐えられなくて、寂しさに

耐えられなくて、その弱さに

空回りしていた若者だったの。

若者はみんなそうだよね。

いつから、孤独を感じなくなったのか

記憶がないくらいそのくらい、

寂しさとか孤独の感情がなくなってる

事に気が付き。だから、長い間

恋愛に発展しないんだなーって思った。

 

人って、寂しさや孤独を埋める為に

人肌恋しくなったりするわけで、それが、恋という感情と錯覚して

恋愛とかに発達するのだろうけれど

孤独がないと、恋の感情と

錯覚が起きないんだよね。

 

寂しいとか孤独って感情を持っていた

時は、その自分の弱さに飲み込まれて

苦しかったけれど、

完全になくなると、孤独や寂しさの

感情が懐かしくなるものだね。笑

 

精神修行をしすぎたのかな。

 

心のどこかが欠けていないと

人として、味気なくなるかもしれない。

なんか、大人になっても不器用な心を持った

人って人間っぽくて面白いもんね。

 

いつから、私は人間っぽい心をなくして

宇宙人に近づいたんだろう。

でも、今の自分の心のカタチは結構気に入って

たりするんだ。

 

そんな事をちょっと考えた昨晩でした。

展示会が終わったらジュネーブに行こうかな。

 

心のカタチ。

 

今日もキラキラで生きましょ。^^

 

 

6/5

おはようございます。

 

昨日、珍しく具体的な

恋愛ネタを書いたでしょ?

初めてかもね、具体的な

事を書いたのは。

 

 

なんでか知らないけど、私は色々なジャンルの

世界の人のトップと仲良くなる事がほとんどで。

それは10代の時からずっとそう。

 

なんか、興味のある世界があると必ずその

世界のトップと様々な関係で仲良くなる。

だから、16歳からテレビを観ないおかない

新聞も観ない、情報を遮断している生活

をしているけれど、最新の情報が知らない間に

手に入るのは、周りに最新の情報を知っている

人が来て教えてくれるからなんだ。

 

だけどね、いつも思うんだ。

 

どの世界でもトップの人って、放出している

光のエネルギーが強い人、世界を動かす力が

強い人ほど、闇の力もそれと同じくらい強い。

上に張り付けた、写真の陰と陽の世界。

光も闇も知り尽くしている人が、大体トップに

のし上がっていく。

天使と悪魔が共存した人。

 

だけどね、いつも思うんだ。

 

彼等の次元を超えると、光のカタマリになる

んじゃないか。その光こそ、真実の光であり

偽りのない光の姿なのではないか?と。

そこに挑戦する事が、魂の本来の目指す

場所であり、物質的次元の欲望にムキに

なる事なく、その次元を超えたところに

目指すべき世界があるのではないかな?

という事。

 

自分が、今。

制作期間中に、「野田洋次郎」のエネルギー

を楽曲の作品を通して循環させているのは

彼の作品から、その闇が見えなく

光のカタマリなんだよね。実際に会った事が

ないから本人の素の部分はわからないけれど

多分、本人もきっとそういう人なんだと思う。

 

陰陽の世界ではなく。

光だけで、突き抜けたアーティスト。

その成功者である。と作品を通して感じるから

だから、すごく好きだし自分もそこを

目指していきたいと思う。

 

去年の暮れに、バリ島に行く直前にね。

昔からお世話になっているマダムから

Christmasプレゼントを買ってあげる

から銀座に来なさいーって。

その夜に、マダムとマダムの大事な親友である

ある有名な方と食事をしたの。

 

その有名な方って、本当に有名な方だから

キーワードすらここには書かないけれど

私は、そーいったネームバリューを

外したところで誰に対しても、心から

話をするのね。だから、媚びたり出来ないし

驚くほどにストレートな言葉を伝える。

 

その方もあまりに有名な方だから、

きっと調子乗った方なんだろーなーって

思っていたらね。

 

この私が、黙ってしまった。

 

そのくらい、真っすぐで真っ白で光だった。

 

その方も、私と波長が合ったみたいで

「ジュンさんの個展が都内である時は必ず行く。」と

強い握手で、絆を交わし。

 

私は、こうーゆー大人が第一線で活躍している

ならば、「 まだ 」この世界は救いようが

あるのかもしれない。

そう感じた夜だったな。あまりに白な人で、

だけど彼がいる世界は、あまりに黒な世界で。

どんだけ、鎧を強くしても、どんだけ魔法を

強くしても。それでも、黒に飲み込まれる

世界であって。それでも、白で在り続ける

強さを持った方で、だから心から応援しているんだ。

 

その方から頂いた言葉。

 

「 勝つ事は誰にでも出来る。技術を磨けばいいだけ

だからね。だけど、大事なのは歩いた道のりだよ。」

 

自分はこの言葉を、次世代に繋げるような

そんな白のアーティストとして、飛びたい。

 

天使の仮面を被った悪も、最初はみんな天使

だったんだ。歩いた道のりで、悪を持たないと

戦えなく勝てなかったんだ。

だけど、そこを超える事が本当の光の世界に

行けるんだ。

 

今日も、キラキラで生きましょー^^

 

 

 

6/4

おはようございます。

 

写真は、いつも飲んでる

庭のミントを入れた

ミント水。

 

ミントを入れただけだけど

水の中でミントが

いるのって、綺麗じゃない?

 

綺麗だなーって眺めていたよ。

 

 

昨日は不思議な1日だったなーーー

 

意識的にではなく、過去のエネルギーが

現在の自分の蓋をあけて、ある出来事を

強制的に思い出させて来た。

そんな日だった。

 

私、基本的に終わった事ってすぐに

忘れてしまうの。いつも、未来を

創り上げる事に夢中というか。。。

 

それは、絵画制作の時もそうで。

自分の過去の作品とか全然興味がないの。

 

もう6年も経ったから、チラッとここで

書いても問題ないかなって思うので

チラッとだけ書こうかと思う。

 

「ジュンって、いつ最後恋人いた?」

ってたまに聞かれる質問。

 

「19歳~20歳の時、婚約してたよ。

それが、最初で今のところ最後の恋人かな。」

って答える。

 

けど。恋人ってカウントしてないだけで

細々したあれこれは、6年前までチラホラ

あったんだよね。

 

そのチラホラの最後である、

6年前のあれこれな出来事が

昨日、強烈なエネルギーを投げかけて来たんだ。

 

不思議な出会いと出来事だった。

私が、震災の直前に宮城県の金華山に行った時、

神社の宿坊で泊ったんだよね。

平日だったし、誰もいないだろうと

宿坊の温泉に入っていたらね、

外国人の女性と子供が入ってきて。

何で、こんなところに外人?って

湯船でちょっと、話をしたら、、、

宮城県の金華山ってマイナーな場所で、

って思ったら家が近所だったの。笑

しかも、有名なカメラマンで。

 

だから、次の日に神社の儀式とか受ける時も

一緒に受けて、通訳が必要な時はやってあげて、

帰り道も一緒だから、同じ新幹線で帰って

きて。。。凄い縁でしょ?

 

で。その彼女が主催するホームパーティーが

あって、流石、彼女のネットワークで。

様々なジャンルのアーティストが集まって

いたけど、みんな世界で活躍する人達で。

 

その中の2人と、急速に仲良くなったんだ。

音楽家と、踊り手。どっちも、世界レベルの人。

その踊り手の人は、宮城県の出身の人で

宮城県から降りてきたら、宮城県に会ったって

事で、話が盛り上がったな。

 

その2人と交流している時、世界レベルの人の

意識レベルの高さを遊びながら学んだ。

私は、一般的レベルのアーティストの世界から

観たら、かなり意識レベルは高いと思って

いたけれど、彼等の意識レベルは私の意識レベル

なんか及ばなかった。

彼等からも、ジュンは違う。普通じゃないって

なんか一目を置かれていたりして、

凄くいい交流だったんだよね。

 

そのうち、踊り手さんの方と私が

友人の線を超えて、その直後に3.11が起きた。

しかも、震源地が宮城県の金華山付近。

 

それから、社会も環境も3.11の直後は

判断する力が混乱していた時期で。

そんな中、ある場所を霊能者から

「地球の為になんか、やりなさい。」って

渡されていたから、期間限定の

劇場を作ったんだよね。彼や彼の仲間が、

思う存分公演が日常で出来るようにと。

 

その劇場は全国から踊り手が沢山やってきて、

大反響に終わった幻の劇場だったけれど、

結局、等の本人の彼は男のプライドとか

他にも色々な理由から最後まで顔を出して

来なかった。

簡単に言うと、職人がたきの

頑固な男だった訳で。笑

 

彼とどういうタイミングで友人以上が始まり、

どういうタイミングで終わった関係だったのか

細かな記憶がないのだけど。

全ては3.11の荒れた状態が何かを

起こしていたんだろな。

 

まあ。向こうは頭がいいから覚えている

だろうけど。私は細かな事は記憶にないです。

 

彼が良く私に言ってたのが、

「俺はお前にとって、富士山の五合目で

しかないよ。お前はもっともっと頂上に

行く人間だ。」って。

 

6年経った今。

彼が5合目なら、私はまだ麓にしかいないなー

って、彼から教わった世界レベルの、

意識レベルを思い出して、今の自分に

反省していた。

 

私が芸術の新時代を創りたい、時代に残る

芸術家で在りたいって。言ってるけど

すでに彼は、新時代を創ってるし

生きながらにして、既に、歴史に残ってるし。

 

この6年はそういった恋愛がらみのアレコレ

は綺麗に何もないのだけれど、

自分なりに作品に集中をしてきていると思う。

まだまだ、彼等には追い付かないけどね。

 

なんか、悔しいなーーーーーー

頑張らないとなーーーーーーーー

どこかで、私を観た時に彼等が

「あいつは、やっぱり凄いな。」って

思わせたい。笑

 

今日も頑張る。

いつも、見守ってくれてありがと。^^

 

 

 

 

6/3

おはようございます。

 

写真は、Atelierの一階と

二階を繋ぐ螺旋階段。

 

1階がリビングと庭。

2階が作業部屋と寝室。

 

1日、何回もこの螺旋階段を

行き来しています。

 

 

たまに、階段で座ってハーブ茶を飲んだりして

いつもと違う視点で、リビングと庭を見たりしてる。

 

私は16歳からテレビを見ないおかない生活をしていて。

理由は、音質が嫌いなのと形が嫌いだし、うるさい。

あの、四角い形が嫌い。あとは、本編とコマーシャルの

音のリズムが頭をオカシクする。

全然違う要素がガツガツ入ってくるじゃない?

あのリズムが嫌い。

 

映画館の映画とかだと、コマーシャルが入って来ないから

リズムが一定で見ていて気持ちがいいから、映画とかは

沢山見ているよ。

 

だけど、Atelier内は無音の状態がなくて。

寝ている時すら、音楽が流れているんだ。

 

音楽ってエネルギーだから、流す音楽も波長が合う

音楽しか流さなくて。今回の制作では、

制作中は100%「野田洋次郎」さんのエネルギーを

アトリエで循環させているよ。彼のエネルギーだけを

呼吸しながら描いてる。

いつか、野田さんに絵画を観てもらうのが夢なの。

野田さんが頑張ってるから、頑張る。

毎日、野田さんの領域を目指して頑張っているよ。

自分も、芝田が頑張っているから頑張る。って

人に影響を与えられるような絵画を放出したい。

 

制作が終わり、夕方になると。「ホールジー」。

ホールジーとの出会いは、去年だったかなあ。。。

六本木でライブを観た帰りに、なんか違う声を

耳に残したくて、六本木蔦屋に行って

テキトウにCDを聴いてたの。そこで、

3秒で惚れ込んだ声がホールジー。

 

何、この声!?何この楽曲?!って。

 

一瞬で惚れ込んだ。

 

すぐに、聴きながら彼女が来日しないか

調べたら3か月後に来日ライブがあるって。

その場でチケットを予約したんだ。

もちろん、CDも全部買った。笑

 

でね。ちょっと長くなるのだけど。

そのライブの当日の話。凄いのーーー!

 

私は、ROCKのライブハウスではなく

HIPHOP上がりだからクラブが仕事場だったし

遊んでいたのもクラブ。

クラブとライブハウスのノリって全然違うんだよね。

 

クラブはみんなバラケテ踊っていて、ライブとかも

みんな程よくバラケテ踊りながら聴いたりしてる。

ライブハウスは、おしくらまんじゅうをしながら

出演者とかがお客さんの上にダイブしたり、、、

 

全然違うの。

でね。ホールジーのライブがライブハウスのノリで。

ライブハウスに入った瞬間、おしくらまんじゅうのノリをみて

私、無理~~~!!!

って心で叫んでいて。だけど、ホールジーに会いたいし。

どーしよー!ってアタフタしていたの。そしたらね、

隣に立っていた男性が、「大丈夫?」って声をかけて

くれて。「こーゆーの初めてで。。」って言ったら、

その男性が、ホールジーが舞台に出てきた瞬間、

突然、私の両肩を持ち、一番前まで押し上げてくれたの。

 

一瞬の出来事だったから、何が起きてるのかわからなくて

あっ!ありがとうーって振り返ったら、彼はもう姿を

消していて。顔くらいちゃんと見ておけば良かったー!

って。カッコいいよね、その人。

 

で。ホールジーは超絶にカッコ良くて、完璧な女神で

あって、おしくらまんじゅうに押されながらも

目の前でホールジーが歌っているのを観ていて。

もうね、感激だったの。で。。。ホールジーが唯一、1回だけ。

客席に手を伸ばして、お客様の手を握りながら

歌う場面があってね。。。

それが、、、なんと。私の手だったのーーーーーー!!!

 

ホールジーの熱狂的ファンとか、海外からも

来ていたし、沢山の人がいたんだよ?

その中で、私の手を握って歌ったの!!!

 

凄くない?凄いよね?

今でも、そのライブの事を思い出すとキュンキュンする。

あの顔を観なかった男性も、ホールジーも。

素敵な想い出なんだー^^

 

ホールジーは間違いなく、時代をもっと造っていく

若手アーティストで。

容姿も完璧、楽曲も完璧、声質も完璧、カリスマ性も

完璧。本当に大好きなアーティスト。

アルバムは全部好きだけど、1番新しいアルバムは

夕方~夜にAtelierで流すと、すっごいいい感じ。

 

「hopeless fountain kingdom」ってアルバムだよ。

 

ホールジーを知らない人に、映像をくっつけておくね。

前の楽曲だけど、ホールジーの代表曲である、ゴーストもいいけど

ホールド ミー ダウンにしようかな。^^

 

でわ。^^今日もキラキラで生きましょー!

 

6/2

おはようございます。

 

庭のミントと、オレガノのエリアの

発育が凄すぎる。笑

使っても使ってもどんどん生えてくるー^^

 

あと、庭のイチゴが実になってきたー

まだ、赤くないのだけど。^^

楽しみだなあー

まあ。赤くなったら、鳥とかに狙われて食べられる

パターンになりそうだけど。笑

 

ブルーベリーとか、ジュンベリーとかも

すでに鳥とかに狙われてるんだろなー

 

花が咲いてると、ハチとかが蜜を吸いに来るの

だけど、それを見ていると彼らは

威圧をかけてくるんだよね。

あんな小さな体で、こっちは何もしていないのに

わざわざ、私の顔に向かって飛んできたりするわけ。

 

その度に、私が育てた私の楽園なわけであり、

貴方はその一番おいしい所を、吸いにきている

わけであって、貴方が偉そうにする立場では

なくて、「じゅんさん、ありがとう。」の

立場でしょ?!

 

と。本気でハチに言ってます。

 

毎朝登る、登山でも最近は虫が出てきていて。

わざわざ、耳元に来て飛んでる虫とかもいて。

こっちは、何もしてなくて紳士に平和に

素晴らしい朝を共有しましょうよ?って

気持ちで登っているわけであるのだけど。

わざわざ、耳元でブ~ン~って

イラっとさせる事なくないですか?

 

と。本気で思いながら登ってます。

 

こんな、ネイチャーな生活をしているし。

博愛主義者だし。

生きているモノ全てを愛する努力はしている

けれど。やっぱりね~ダメなものはダメですね。

 

心から、虫が嫌い。

ネイチャー生活はじめて3年経つから少しは

慣れてきたけど、どーやっても好きになれない。

鳥とかは、性格いいけど、

虫って基本的に性格悪いと思う。

私とは合わないな~~~

どー頑張っても仲良くなれない。

 

蚊とかもさ、、、わざわざ、血を吸って

かゆいのを置き土産にする必要性、

全くないわけであってさ。。。

 

なんかさ。虫に対しては平和に共存して

過ごしませんか?って気持ちになる。

 

蝶々は別格で好きですが。^^

 

蚊取り線香、虫よけスプレー、虫よけグッツ、殺虫剤。

フル装備な季節がやってきました。

 

だけど、それよりも遥かに植物や鳥たちが

キラキラとエネルギーを送ってくれるから

気分はいつも上々。^^

 

今日もキラキラで生きましょー?

 

 

6/1

おはよう。

 

JUNEになりましたー^^

今日から、6月ですね。

 

毎年、色々な人から

 

あいつ、何してるんだ?

って、思い出して貰える

月。^^

 

 

変わらず、飛んでます。笑

変わらないといけないのかも知れないけど、

変わる努力はしたけど、変われない。

だから、このまま飛んでいきます。^^

 

というか、もっと飛びます。

 

まだまだ、芝田じゅんはこれからです。

では、日本では梅雨と嫌われる

JUNE。

 

今月も、キラキラで生きましょー

 

 

5/31

おはよう。

写真は昨日、

作って庭で食べた

ご飯ー^^

 

天気がいいのは

凄く

気持ちがいいね。

 

今日で5月も終わり。

 

今月は思ったよりも、忙しくて制作が

思ったよりも進まなかったけど

着陸場所がはっきり見えてるから

精神的に固まり、安定しているから

なんか、安心している。

8月まで制作を頑張るよ。

 

けっこう、ギリギリな制作期間。

だけど、自分が何を伝えたくて

何を描いてるのか。そのパワーが

日に日に、強烈になってるから

6月からの後半の制作期間で、

更に、パワーが強い絵画を残せて

行けると思う。

 

制作期間の中で、必要な出来事を

ちゃんと経験しながらそれを

制作に反映している。

スポンジみたいに、色々吸収しているよ。

制作期間は引力で

展示会期間は出力。

 

今は自分のアンテナが

自分の制作の為になる事に全開に

立っていて、なんていうか、

アンパンマンがパン工場でアンコ

を詰めてもらっている感じの期間。

 

凄い大事な期間なんだよね。

スポンジみたいに色々な事を吸収してる。

 

しかしながら、6月もスケジュールが

詰めつめ。笑

なんでこんな忙しいんだろっ。。笑

でも、ベストを尽くしていくよん。

 

いつも見守ってくれてありがとう。

頑張るよー^^

 

今日も、キラキラで生きましょー^^

 

 

5/30

おはよう。

 

今日ね、夢の中でやるなあ~って

内容の夢を見て目が覚めたの。^^

 

知らない男の人と話をしていてね、、、

 

。。。。。。。。。。。。。。

 

「なんの、ハーブ茶をいれようかな。」

 

って私がその人にハーブ茶を入れようと

考えていたらその人が、

 

「ねえ、あのさーあの白い小さな花の

ハーブってなあに?」

 

「あーたぶん、カモミールの事だと思う。何で?」

 

「俺が死んだ時、人が集まって悲しんでいたら

そのハーブ茶を皆に入れてあげてくれないかな?」

 

「えっ?」

 

「してくれる?」

 

「ねえ、ほうじ茶って飲んだことあるでしょう?

あれね、ちょっと濃い目に入れてミルクと蜂蜜を

入れると優しい和風なミルク茶になって美味しいの。

カモミールをみんなに振る舞う時が来るまで、

そのお茶を貴方に入れようかな? 」

 

「うん。毎日お願いね。」

 

。。。。。。。。。。。。。。。。

 

こんな感じにプロポーズを受ける夢を

見たのーーーーーーーーーーー!!!

 

でね、その人の顔を見ようとしたら

夢が覚めたのーーーーーーーー!!!

 

誰だよーーーーーーーーーーー!!!

 

ってか、夢の中で私の返しのセリフも

いい感じよね。笑

実際になったら、嬉しすぎて、なんも

言えないと思うけど。笑

てか、以外とシャイなので、会話を

そらすと思うけど。笑

でもさ、これって予知夢よね!ね?ね?笑

顔見とけばよかったーーーーーー!

アウトラインの全体の輪郭は、なんか

覚えているのよね。

 

まあ。

 

一人でキュンキュンしている

芝田にかまわず、ほっといて、

 ハーブ茶を入れるのが好きな女性を

みつけ口説く時にでも、

男性の皆さま使ってくださいな。笑

口説きネタは沢山持っているので、

聞きにきてください。笑

 

夢の中まで、お気楽なロマンチック。

さあ、今日もアゲアゲで

制作頑張るよん。^^

 

みんなも、キラキラで生きましょー

 

 

5/29

 

おはよう。

これは、昨日。友人たちと一緒に洞窟を探検した

時の写真だよー

洞窟探検。大好きだから楽しかったー^^

 

 

午後は、すごーく気持ちがいい公園で

ピクニックしたよー^^

お弁当作りって楽しいね。2人とも

喜んでくれたー

お弁当箱は、インドのお弁当箱で

水筒はドイツの水筒。猫の形しているの可愛いでしょ?

レジャーシートもお気に入りだし、それらを入れる

バックはバリで買ったカゴバック。^^

キュンキュンするでしょ?^^

 

 

2人の今の幸せと、もっと幸せになるように、、、

2人がお弁当を食べ終わったあと、気持ちよくて

ゴロンって寝ている間に、四つばのクローバーを

探したら、2つ同じ場所に生えている四つ葉を

見つけて、その場で押し花にしてプレゼントしたよ。^^

 

そして、夜はじゅん宅定番の薬膳カレー。

 

「これ、マジで店を出した方がいいレベルだよ!」

 

って2人とも、美味しいってめっちゃ喜んでくれた。

 

サラダは、近所に住んでいる美女が

「ジュンさん、庭でルッコラが採れたので

食べてくださーい。」って持ってきてくれた

ものと自分の庭で採れた野菜たちを使って

作ったり。。。^^

 

大事な人達を大事に出来る、今の自分が大好き。

人を大事にするって、心も環境も時間も、、、

ゆとりがないと出来ないから、だから

大事な人達が、ジュンワールドに来て

ストレスとか邪気とか全部なくなる、そんな

癒しの場所で在りたいんだー^^

 

昨日もホント楽しかったなあ。

 

愛してくれている人達を、めっちゃ愛してるよ。

今日も、キラキラで生きましょー

 

 

 

5/28

おはよう。

 

昨夜から大事な友人達が

泊まりに来ていて、

朝は庭で朝食。^^

 

手作りのキウイジャムを

作ったら、喜んでくれた。^^

 

目の前にある、庭のミント

 

を使って、フレッシュミントティーを飲んで貰いながらリフレッシュ。

 

家に泊まる人は、お風呂から邪気を取る風呂に入り

夜は瞑想をやり、朝は庭でこんな感じで。

パワースポットに家があるから、一気にパワーがあがるんだよ。

 

大事な人達を大事にしていける自分が大事。^^

 

そんな訳で今日は、朝からお弁当を作ったので

これから綺麗な場所へとピクニック。^^

今日は楽しむよん。

 

みんなも、キラキラな一日を。

 

 

 

5/27

 

おはよう。

 

写真は今朝の、登山の時の写真だよー

富士山麓は初夏になってきた。^^

それでも、たまに寒いけどね。

 

登山をして頂上の神社と富士山に

挨拶をして、武術の練習と瞑想。

下山してから制作。

 

こんなライフスタイルをしていたら、

パワーが出ない訳ないですよね。笑

今、めっちゃいい感じにエネルギーを

循環させてるよ。

 

全ては絵画制作の為であり。

 

自分にとっての黄金比は

 

【神聖:哲学:ロマン】=【5:2:3】

 

これが一番絵画を描く上で

最高なライフスタイル。

 

このバランスを崩すと、ダメだし

偏ったらダメ。

 

だから、3割のロマンを楽しんでいる時の

自分を観る人達は、多分5の自分の事を

想像しないだろうし。

 

5割の神聖な自分の姿を観る人達は

3割のロマンを楽しんでる自分の事も

理解できないだろうし。

 

けど。全てはすべて、自分に必要な

素材であり。目的は、良い絵画を描く

為。

 

あまりに神聖な芸術は、本能がソソラナイ。

あまりにロマンな芸術は、ベタベタしすぎて疲れる。

あまりに哲学的な芸術も、本能がソソラナイし疲れる。

 

全ては黄金比のバランスがあってこそ

ソソル芸術が出来ると私は思うのであります。

はい。

 

それには、どうするかって。

 

芸術って、ごまかしが効かない世界なんですよ。

 

デザイナーとかクリエイターとか、

パクリ合ってカッコよくまとめているジャンルは

ある程度、商品化としては行けるけど、

芸術の世界には入れない。

 

職人と言われる世界は、技術を磨きさえして

それを一定のリズムで反復していれば誰でも

なれてしまう世界。

だけど、それも芸術ではないのです。

 

芸術ってね。

ゴッホが耳を切り落としてしまった。

そのくらい、頭が逝っちゃう。そんな世界。

 

けど。私が表現していく世界は、ゴッホのように

感情次元ではなく。

もっと、細胞次元なんだよね。細胞次元に行くと

宇宙次元へと飛ぶ。だから、感情次元から

どんどん離れていく。

 

これまでの芸術の世界は、感情次元を表現する

世界だったし今もそう。

ぶっ飛んだ風に見せかけただけの、

パッケージデザイン的な

現代アートの世界も、ソソラナイ世界であって。

 

じゃあ、芝田が変えて見せろよ?

 

って感じで。

 

うん。変える。絶対、変える。

日本の芸術世界をもっと、芸術にしたい。

 

芸術家は、生き様。人生。そのものが

芸術なのです。その部分は、日本一な

自信がある。私以上に芸術な人生を

歩いてる芸術家はいない。

それは断言できるよ。

 

じゃあ、作品で見せてみろよ?

 

って感じで。

 

【芝田じゅん個展/    12月4日~9日@銀座(絶対行く。)】

 って手帳に書いた?実際のを観にきなね。

 

私は、最高な奥様になる才能はない。

最高な恋人になる才能もない。

最高な芸術家になる才能しかないんだ。

 

 そんな訳で。今日もキラキラで生きましょ?

 

 

 

 

 

5/26

おはようございます。

昨日、外国に住んでる姉から
誕生日プレゼントは何が欲しい?
って連絡が入り。

クラッチとかかなあ?
だけど、どんなクラッチが欲しいんだろ?
って調べていくうちに、
欲しいクラッチがなくて、
こんなクラッチが欲しい!って
気持ちが高まり、アトリエにある
素材でサクサク作ってしまい。
欲しいクラッチが2時間後に
手に入っていた。笑

ジュエリーも欲しいジュエリーは
作ってるし、しかも売ってるし。笑

自分に作れないモノ、、、

シガー関係の小物とか?
化粧品はCHANELしか使わないから
CHANELの化粧品とか?
けど、香水はもう自分の香りは
決まってるしなあ、、、
財布とかかなあ、、、
何が記念になるかなあ。

そんな事を考えながら、作った
クラッチ。結構、可愛いんだよー

 

こうした素材から、、、
こんなクラッチを作ってみた。
着物の帯を使って、フリンジを
つけたの。
裏はこんな感じだよー
内側にも、ポケットをつけました。
ポケットの素材もワインレッドの
ゴシック柄を使い、見えないところ
も可愛くした。(^-^)
なんかですね、、、
クラッチ作りにスイッチが入って
しまい。色々なクラッチを作り
たくなってきた。
しかしながら、以外と今。私は
絵画制作が忙しい訳でありまして。
う〜ん〜時間って足りないね。
今回作ったクラッチを知らない人に
「そのバック、素敵ですね。」とか
言われたら、、、
単純バカにまた、火がつき。
調子に乗り、浮かれながら
「あのね、これね、自分で作ったのー!」
って説明している自分がまた想像できる。
先日。
心身の管理をしてもらってる
先生に、
「本当にじゅんちゃん、今、心身が
めちゃ調子良いよね。けど、調子に
乗り過ぎて、ハメを外し過ぎたら
ダメだからね?」って言われた。
その先生には、何もかも
私の生活っぷりが、わかってしまう
から何一つ隠せない。
だから、たまに怒られる。笑
 
今回も、朝まで遊んだり、シガーを
吸ったり、、、そーゆうのも
隠したのに、バレたから怒られた。
けど、すぐに心身を健康な状態に
治してくれるから甘える。
自分を隠せない場所があるって
怒られるけど、凄く必要な場所で
本当に私はあちこちで、愛されてる。
だから、愛してくれる場所を
すっごく愛してる。
今日もキラキラで生きましょ?

5/24

おはよう。

1日にこんなに沢山の予定を
詰め込められるんだ。ってぐらい
都内にいる時は詰め込んでいて。
そんなこんなが、終わった夜。

六本木のハイアットで、
ジャズの生演奏を
聴きながら、シガーを楽しむ
ダンディズムな女を気取る。

タバコもお酒も飲まないけど、
シガーとジャズの組み合わせ
はロマンを味わう時間なの。

一流な空気が漂うラウンジで、
ロマンを味わう男達のアクセサリー
と化した女性達を横目に、
一人でシガーをカッコつけて
偉そうに
イキガリ吸う自分の姿を客観視
しながら、この姿が自分の人生の
凝縮図だな。って、ロマンに酔った
りして。

ロマンに生きる男達に群がり
尻尾を振る
アクセサリー的な女性
ではなく、男達と同じように
戦いロマンに浸る自分の姿。

多分、10年後もここで
ジャズを聴きながら、カッコつけて
シガーをふかし、一人イキガリ
ながらロマンに浸る、ダンディズムな
オバサンになってるんだろな。

って、自分の未来予想図を
すんごい楽しい人生だなって、
なんか。昨夜は
芝田じゅんな人生って最高。って
思った。

芝田って最高。笑

更にダンディズムな人生を
楽しんでいくよん。

今日も、キラキラで生きましょ?




5/23

おはようございます。

 

昨日、同世代な女友人から電話があって。

なんやかんやな会話の中。

「今の20代は熟女ブームらしいよ。なんか、私

最近、若者にモテルんだよね。笑」とか。

 

そーいった話になり。

 

「 えっ。。。私も、20代の男の子から色気を振りまかれて

なんか、求められる事増えててさ、この男の子私が

同世代と勘違いしている。ウフッ。って内心、

喜びながら大人な女としてカワシテたけど、あれって、

私を同世代として見てた訳でなくて、熟女ブームの

的に入ってただけな訳?!なんか、ショック。笑」

 

って言ったり。

そんな、女子話がワイワイと。

 

電話を切ってから、5年前くらいかなあ。。。

少女漫画の所謂、王子様的なビジュアルな

20代の男の子と出会った事を思いだした。

 

天然であれだけ、美しい子はほかに

いないんじゃないかな。ガクトさんがたぶん、

嫉妬すると思う。そのくらいなんも、手を加えてなく

美しかった。

 

恋愛という意味では、年下とか

王子様系とか、圏外だからそうした意味では

なく。ほかのスイッチが入ってしまい。

 

「モデルやらない?」って。

 

彼をモデルにして、作品制作をしていたんだ。

一番、面白かったのは撮影。

 

美しい女性を、お姫様みたいな感じに

撮影するのは普通だけど。

彼を、王子様ではなくお姫様にしたくて

化粧をして、カツラをつけて、白いドレスを

着せて、女の子として扱いながら

撮影した。

 

最初、彼は恥じらいがあったのだけれど

ジュンさんトークの、ジュンさんワールドの

世界に酔ってくれて、どんどん女になって

いっていたんだよね。

その経過を、撮影してその経過が

すっごく、快楽的な赤と紫のエロスではなく

色で言うと、青と黄色のエロスだった。

 

なんかね、「リリーのすべて」っていう

映画があるんだけど、あんな感じの世界。

映画は夫婦で恋愛がらみで、私は

そこんとこは違うけど。

 

それを昨夜は思い出していたよ。

長年、私を見ている人は「あ~あの時代ね。」って

わかるよね?笑

今は、公開してない作品だけど、そう。

あの青山の時のあれです。

 

当時は、そうした青と黄色のエロスを感じる

男女を捕まえて、モデルにして撮影して

作品を作っていた。写真家が職業だったら

けっこうおもしろい絵をいっぱい撮っていたよ。笑

 

彼らは、今も青と黄色の色をしているのかな?

たぶん、今は出している色は変わってるんだろな。

 

そんな訳で、全然関係ないけど。

これから、都内だあ。。。

色々と終えたら今夜は、ジャズでも

聴きにシガーバーにでもフラッと行こうかな。

 

では。今日もキラキラでいきましょ。^^

 

 

 

5/22

おはようございます。

 

今日ね、昨年からの色々を

1つ1つ思い出していたよ。

色々な事があったから、3か月前も懐かしい

想い出って感じで。写真を眺めていたんだ。

昨年の10月からの流れを今日は書いてみるね。

毎日、このブログを観ていてくれた人も

あーそんな事あったね。って。思ってくれる

と思う。たった半年の期間だけど、

色々あったなあ。。。

 

2016年の1月~8月末まで

無休で美術館で、展示会を

した後、8月~10月まで

3か月に渡り

富士山麓の最古の神社で

ライブペイントの公演を

して。

その公演が終わった後、かなり疲れていたから

直後に北海道に旅に出て。

フラフラしてたら、なんか霊能力者と

たまたま立ち話をして。

 

「貴女は普通の女性にはない、強力な運が

ある人なの。だけど、その運が伸びるのは

これから3年が勝負だから、集中してね。」

 

って言われて。

 

「えっ?結婚とか出来ないわけ???」

って言ったら、

 

「貴女は普通の家庭に納まる女性じゃないの。

 恋は味わう程度にして、今は仕事に集中しなさい。」

とか言われて。

 

何か知らないけど、「絶対電撃結婚してみせる。」

とか、自分の宿命に反発する気持ちが沸き起こり。笑

 

 

しかしながら、12月~1月頭はなぜか。

世界を動かしている博士から、

「世界を救う絵画を描け!」って言われた

流れで、バリ島のラグジュアリーの世界の

トップの世界にいて。

バリ島の神様と対話したり、ラグジュアリー世界の

トップの舞台裏とか、体感していたりして。

 

 

そして、2月上旬~中旬はなぜか。

ブルネイ王国の日本大使館のイベントで

ライブペイントをして、そのイベントが現地の

新聞に載っているのを、次の日に宿泊していた

7つ星ホテルのアフタヌーンティーを食べながら

記事を観ていたりして。

 

 

2月下旬は、故郷の奄美大島で2週間くらい

自分のルーツ、先祖とかを大事にする事を

していて。

 

 

3月は、絵画制作をするためにエネルギー

を高める為に広島の宮島、神戸の六甲山に

籠り、神様と対話して。

ついでに、倉敷で美術館巡りをして

巨匠たちのエネルギーも呼吸して。

 

 

そして、3月下旬からは

富士山麓のAtelierで

朝5時に起きて、

山に登り神社と富士山に

挨拶をして、

武術の練習をして瞑想を

して、エネルギーを

絞めてから、1日中

絵画制作をする地道な

日々を過ごしている。

全部が全部、良い作品を描けるために、

宇宙という神様がお膳立てをしてくれていて。

 

1つ1つの出来事を丁寧に味わい、経験という

絵の具が出来ていて。その絵の具を使いながら

絵画を描いて行く。

 

画家になりたいという人は世の中、沢山いると

思う。アーティストに憧れる人も沢山いると思う。

そんな中、芸大に出た訳でもないし、なりたいと

思ってなってる訳ではなく、

自然と生きているとそうなってる感じで。

これが、宿命と運命が重なっている現象なんだと

思う。

 

こういう風に描くと、苦労してないんだなーって

思われるけど、とんでもないです。笑 

神様は、芸術家としての表舞台もしっかり与えて

くるけれど、裏舞台の修行も半端なく

与えてきます。まあ、そこを人に語るのは

ナンセンスだから、言わないだけです。

多分、この世の中の悲しみとか苦しみは

全部。生まれた時から、詰め込まれたよ。

凝縮して詰め込まれたって感じ。

だから、どんな人の心の痛みがわかるんだ。

 

言わなくても強い霊能力者と会うと

全部見られるから、この人生を歩いてきて

よく生きてたね。って関心される。

そのくらい、波乱万丈だった。

 

だけど、それは絵画を描くための

全部が全部、経験という絵の具であって。

それをわかっているから、だから

絵画を描き続けられている。

 

でね、自分の宿命に、反発して普通の事を

やろうとすると、その世界に運命が

流れないんだよ。笑

ホントに。。。笑

 

これからの半年はどんな半年になって、

2017年の年末はどんな「芝田じゅん」が

いるんだろう。

 

いつも、見守ってくれてありがとう。

愛してくれてありがと。

今日も、キラキラでいこうね。^^

 

 

5/21

おはよう。

 

写真は、友人の音楽事務所の

一角。

都内で通っている、

武術の道場の側にあるから、道場に

行く前とか後とかに、

フラッと、顔を出すのが

 

なんか、この数か月のリズムになっていて。

何をするわけでもなく、何を話すわけでもなく

 

ただ。フラッと寄ってサラッと出る。笑

 

昔、音楽スタジオを持っていたし、

昔は音楽制作をずっとしていたから

なんか、音楽制作現場に行くと落ち着くから

だから、なんかフラッと寄ってサラッと出たり

してる。まるで、野良犬のように。

 

深呼吸できるというか。。。

 

昨日も書いたけれど、プロのアーティストって

どこに行っても、何をしてもアーティスト

なんだよね。

素でアーティストで、それが素というか。

だから、私と話をする人は

どこまでが本気でどこまでが

空想の世界かわからなく、戸惑うみたいで。

 

だけど、自分としては全部が瞬間瞬間

は本気であって。だけど、それは

普通と言われる世界からしてみたら、

イッチャッテル世界であって。

 

だけど、私からしてみたらこの人間世界が

イッチャッテル世界であって。

 

「普通」と言われる世界に染まれる事自体が

イッチャッテルと思っていて。

 

だけどさ。なんやかんや言ったところで、

私は人間であって。

仕事は、人間世界へ向けて真実やらロマンやら

を発信するのが仕事であって。

 

人間世界は、ナルシズムの世界であって。

社会というのは、そのナルシズムの感情を

演出しながらマインドコントロールしながら

利益を出して、大衆を躍らせる世界であって。

どの分野でもね。

 

この地球は、人間のナルシズムの大舞台で

あって。みんなみんな、自分に酔いながら

生きていて。

僕は正義の味方。私にしかこれは出来ないの。

僕は神様の力が入っているのです。

私は、聖女です。とか。。。

 

悲しみとか、苦しみとか、そういった

世界も、スピリチュアルな世界も、

人工知能の世界も、全てが全て

ただのナルシズムな感情次元であって。

 

だけど、そのナルシズム的な感情次元は

人間世界にしかないかもしれない

くだらなくも、そこに演出のフィルターを

かけると、ロマンとなる。

 

アーティストは、そのロマンという

フィルターを音楽やら、映像やら、絵画とか

物語で演出するのが仕事であって。

 

簡単に言うと、アーティストは社会では

ナルシズムの大舞台の照明係であるわけなのです。

自分の仕事も、そんなナルシズムな世界に

ロマンを提供していく事が仕事であって。

 

自分はロマンの発信者で、かなりそこはプロ意識

高くて。だけど、それは心理的には

職人の感覚であり、ロマンに飲まれる側では

ないから飲まれる事がなくて。

自分の香りは蓋をあけると意外と、ムスクではなく

ミントだったりする。

 

先日、またフラッと音楽事務所に顔を出したら

「ジュンさんって、喜怒哀楽がなくていつも

同じだよね。」って言われて。

 

この前も別の人から、

「なんも考えて無さそうで、深かったり。

深く考えているんだろなと思うと、なんも

考えてないよね。」とか言われたり。

 

なんていうか。

 

今は、宇宙の自分の星に帰れないで

人間世界にいるから

いつも人間世界を旅をしている感じなの。

遊び感覚で人間してます。

 

一定のリズムがあって

そこからぶれないから、感情次元に

揺らぐ事がなくて。

 

ここは普通ブチ切れるシーンだよ?とか。

ここは普通泣き叫ぶシーンだよ?とか。

 

そうしたシーンをぶつけられても、

サラッとしていて。

自分の一定のリズムからブレル事がなく

相手がもっと感情を求めてきたりもする。

 

だけど、基盤が

映画を作っている

監督の感覚で。それは、情熱や

ロマンを冷静に作品化していく

感覚だから、感情を見せるというよりも

サラッとした対応となる。

 

そうだね。感情というより対応という言葉が

正しい感覚。噛み砕けなくて悩む事がある時も

感情次元ではなく。対応を考えるって感覚で。

 

それは、思考の世界ではなく

自然とそうなったから、

これが自分であって

人生という譜面に、音符を1つ1つ

刻み込んで交響曲を作っているんだ。

 

神秘やら、真実と言った世界も

愛や、ロマンと言った世界も。

宗教や、思想の世界も。

社会や、時代という世界も。

全てが全て、ナルシズムな世界であって

ムキになって踊らされる必要のない世界であって。

 

だからこそ、そこを超えた「光」を

追求する事が、人間世界で生きる上で

楽しくない?っていうか、人間を楽しも?

って感じ。^^

 

 

では。今日も、ムキに生きる事なく

キラキラで生きましょー^^

 

 

 

5/20

おはようございます。

 

少し前に、あるホテルのオーナーと

たまたま2人でお茶を飲みながらゆっくり

語り合った事があって。

何度も会ってる方だったけど、2人で

話をするっていうシーンは

初めてだったんだよね。

 

その会話は、6歳の男の子と5歳の女の子が

砂場で夢を語り合う。そんな光景と内容で。

 

その方がこれまでやってきた事、

これからやっていきたい事。

戦場ではなく、砂場で喋っているような

感覚の光景だったから、お互いに心を

開いて、普段は言わない話とかもしあって。

気が付いたら8時間とか経っていて。笑

 

世代は私の3周りくらい上の世代の方

だし、社会的には天と地の差。

それでも、「職人」としての魂は

同じモノを持っていて。

少年と少女の目線で、砂場で

夢を語り合っていたんだ。

 

「僕ね、ここにお城を作りたいんだ。」

「私ね、この国の歴史を作ってみたい。 」

 

8時間。ずっと、そんな会話。

 

その方に、

 

「 じゅんちゃんは、規模が大きい人生を

歩く人だから、だから普通の男性では

引かれてしまう。けど、それはそれで

いいんだからね。

そんな事よりも、世界を目指すんだよ。

僕は日本は制覇したから、今度は世界を

制覇していくから。絶対にやるから、

観ていてね。 」

 

【僕は、ホテルの世界で世界を制覇する。】

 

【私は、日本の芸術の世界の新時代を作る。】

 

少年と少女は、熱い決意を8時間で

まとめたんだ。

 

都内にいる時、前に借りていた

六本木の事務所近辺がやっぱり、

かってが分かっているから

事務所を畳んだ今でも、都内にいるときは

事務所があった場所の近くのホテルに

滞在しているんだけど、

一昨日は

たまたま、別のエリアで用事があって

たまたま、その少年が作ったホテルに

宿泊したのだけど。

初めて泊ったんだよね、そのホテルに。

 

で。エレベーターとか、廊下とかに

世界に向かってエリア進出をしている

広告とかあちこちに貼っていて。

 

やってるなあ~笑。って嬉しかった。

 

で。そのホテルから、

「お前に休憩はないからな?

鎧を着て戦場で死ぬのがお前の宿命だろ?

戦場に出て戦って、言った事を現実にしろ。」

って。

 

そんな事を言われているような気がして、

色々考えて、一睡も出来なかったけれど、

それはあの8時間の会話の

記憶の箱を開けて、その8時間の

砂場の会話をまた味わいながら

自分のモチベーションを上げていて。

 

その少年が活躍している間に、

必ず私は新時代を作って、

「あいつ、やってるなぁ~^^」って

思わせてみせる。って。

また、意識が高まった。

 

3週間くらい前かな。

「マリリン7日間の恋」って映画を観たのだけど

 

マリリンモンローと青年の

世界が違う2人が7日間の熱い恋に

落ちる実話なんだけどね。

 

マリリンもそうだけど、アーティストは

ロマンの世界の演出のプロで。

呼吸をするように、ロマンのカタマリで。

 

簡単に言うと人々が日常で飲む、緑茶とか

水の存在ではなく、お酒の存在で。

お酒を飲んでロマンに浸りたい感覚の時に、

人々はアーティストに近づいて、

様々な情熱をぶつけるんだけどね。

 

それはいつもと違う刺激を観て、

刺激的に感じ、恋と勘違いをする心理であって。

 

だけど、プロのアーティストは

自分が刺激物な存在を理解しているから、

近づく相手が、今はお酒を飲んで

刺激が欲しいリズムなんだな。って

自分の存在の居場所を分かっているから

近づく相手に心が動く事がなくて。

 

ロマンを一緒に味わいましょう。

的な感覚の世界を共有して、その世界から

アーティストは作品を生んだりして。

そして、それが世の中の

人々のロマンを演出していく作品となっていく。

 

アーティスト側にとっては

緑茶を飲んでる分けではなく、ロマンは

パレットに乗せる絵の具であって。

 

マリリンモンローの映画はそうした

アーティスト側の感覚をうまく描いた

作品の映画で。

 

自分は、そうした所が心理的にプロの

アーティストだから、だから口では

「電撃結婚をしてみせる!」とか言いながら

長年、心をみせるパートナーを

作らないんだと思う。

 

そして、「電撃結婚をしてみせる!」

は自分の周りでは、ただのギャグになりつつ

あって。また、あいつ言ってる。くらいにしか

受け取られてなくて。

 

少年から、じゅんちゃんは普通じゃないから

普通を人生を求めてはいけないからね。って

言われた言葉を思い出し、

 

少年のホテルで、少年との会話を

思い出しながらマリリンモンローの

映画の内容も思い出してた。

 

少年は、ホテルの世界で世界制覇。

少女は、芸術の歴史の新時代をつくる。

 

少年に「あいつ、やってるな~」って

必ず言わせて見せよう。

 

今日も、制作。頑張るよ。^^

 

今日も、キラキラでいきましょう。^^

 

 

 

5/17

おはようございます。

 

毎日ブログを更新しているのは、生存確認と

感謝があるから。だから、書いてるよ。

 

私は誰もが知っているようなメジャーな

人ではないのに、沢山の人が毎日ここを

見てくれていて。ここを見るってさ。

FaceBookとかインスタとか、、、

そーいったたぐいの、開いたらたまたま

芝田が流れてきた。って場所ではなく。

意志を持ってわざわざ、私のHPを開いて

わざわざこのページを開いてみるわけじゃない?

 

その気持ちに感謝してる。

だから、毎日書いてるよ。

 

たまに、精神的に噛み砕けない事があると

言葉を発信する余力がなくなって

引っ込んで、誰にも場所も言わずに

放浪して噛み砕くまで出てこない事あるけど。

 

家族とかは、そーいった私を理解してる

から、突然消えても、噛み砕いたら

出てきてパワーアップして帰ってくる

事を知っているから、だから

何も心配とかしないんだけど、

 

ブログを更新してないと、

「今、どこにいるんだよ?!」って

連絡があちこちからガンガン入ってきて。

 

逆に。えっ?!そんなに想ってくれてたんだ。

ってこっちがびっくりしたりする。

そして、反省する。

 

そんな中にも、めちゃくちゃ忙しいし、

大量の人に毎日会っているような人たちも

「じゅんちゃんさー!」とか。

「なんかあったら、飛んでいくから!」とか。

 

えっ?!そんなに想ってくれてたんだ。

って。感謝して泣けてくる。

そして、反省する。

 

普段、私は連絡をマメにしない人だから

業務連絡的な連絡しかしないし。

 

だけど、私を大事に毎日祈ってくれて

いる人たちがいるって。感じるから。

だから、ここに毎日言葉を並べてるんだ。

 

そんな風に想ってくれている人達を

心から愛しているよ。

本当にありがとう。

 

今朝。早朝の山登りの時。

モグラの穴みたいな穴を見つけて

棒を刺してくるイタズラをしました。

多分さ。モグラが外に出るとき

めっちゃイラっとするんだろうな。

反省してます。

 

今日は、色々懺悔。

 

愛してくれてありがと。

今日もキラキラでいきましょ。^^

 

 

2017/5/16

 

 

おはようございます。

 

そんな訳で。みなさん、12月4日~9日は

スケジュールを開けといてください。

 

そんな先の話かよ!?という声が

沢山聴こえてきました。

 

今年の1月くらいから、今年は制作に

集中するって言ったもん。

12月だって、2017年だもん。

 

って言っても、スケジュール的には

結構ギリギリな日程なんだよ。

 

毎日、スレスレまで持っていって

描き続けても、ぎりぎりなスケジューリング。

そのくらい、今年は制作の方に力を入れてる

のです。地味な作業をコツコツと。

 

では。

スケジュール張に

12月4日~9日、芝田じゅん個展@銀座

(必ず行く。)

 

って書いてね。細かな事は9月に

発表します。

今年のクリスマスは、私の愛のワールドで

みんながキラキラになる事間違いないです。

 

今日も、キラキラでいきましょー